本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ベビーサンローズ

戻ります

ベビーサンローズのデータ

花色:
学名:Aptenia cordifolia
別名:アプテニア
科名:ツルナ科
分類:常緑亜低木
原産地:中央アメリカ原産
大きさ:背丈12〜25cm 横幅50〜100cm(ほふく性)
主な見所:花(7〜9月)※夏が最盛期ですが温度があれば周年開花します

ベビーサンローズの特徴

観葉植物として親しまれていますが、花も鮮やかで美しいので屋外でもよく使われています。花はマツバギクを小さくしたような姿で、ぽつぽつと咲かせる印象です。葉は多肉質の鮮緑色で、少し白みがかってみえます。株は横によく広がります。寒さにはやや弱いですが、温暖地なら露地で冬越しできます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 関東以西の暖地なら霜をよければ屋外でも冬越しできます

ベビーサンローズの育て方

丈夫な性質で、日当たりと水はけのよい場所で育てれば放任でも育ちます。過保護にしないように、水やりもメリハリをつけましょう。ジメジメする環境は苦手です。冬越しは室内に入れると安全ですが、関東以西の暖地であれば屋外でも難しくないです。念のため挿し木で冬越し用の株を作っておくと安心です

  • 管理:伸びすぎたら切り戻し、冬越し前も枝を整理します
  • 肥料:春と初夏に緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:特にこれといった被害はありません

ベビーサンローズのアレンジ

洋風の庭に合います。性質上、寄せ植えには難しいですが、暖地であればグランドカバーや前景にも使えます。ハンキングや吊鉢、背の高い鉢に単植してもいいと思います

ベビーサンローズの主な品種

斑入り葉があります

ベビーサンローズの個人的な印象

オススメ度:70%
花つきがもっとよかったら人気の花になったでしょう。それぐらい丈夫で欠点の少ない花です

コメント

  • 挿し木が簡単にできます

戻ります