本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

オジギソウ

戻ります

オジギソウのデータ

花色:
学名:Mimosa pudica
別名:ネムリグサ
科名:マメ(ネムノキ)科
分類:常緑多年草(春まき一年草扱い)
原産地:南アメリカ
大きさ:背丈20〜50cm 横幅15〜35cm
主な見所:花(7〜10月)

オジギソウの特徴

触れると葉が閉じて垂れ下がる(下の写真参照)ためオジギソウと呼ばれます。意外と素早い反応をしてくれるので面白いです。日没後にも同様の動きをします。仕草ばかりが注目されますが、花はポンポンのような丸い形のピンク花でかわいらしい印象です。葉は羽状複葉で、草丈はそれほど高くなりません。赤っぽい色の茎にはするどい棘があります。自生地では多年草ですが寒さに弱く、東京付近では春まき一年草扱いされます

  • 難易度: 丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 関東地方では屋外で冬を越せません

オジギソウの育て方

日当たりと水はけのよい場所に直まきすれば楽に育てられます。多肥にしていると葉ばかり茂り花が咲きにくくなるので、やせた土の方が適しています。本来は多年草ですが耐寒性はないので、冬越しさせずに来年タネをまいた方が簡単です

  • 管理:成長は早いですが、あまり大きくならないので特別な管理はいりません
  • 肥料:無理に与えなくてよいです。極端なやせ地の場合は控えめに緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません
  • タネから

    直まきで大丈夫です。初期の水やり以外は放任で育ちます。寄せ植えに使うならポットまきにします。寒さに弱いので十分暖かくなってからタネをまきます

オジギソウのアレンジ

洋風の庭に合います。おじぎする葉の動作だけでなく、花もかわいく花壇にも使えます。ただ、個性的な姿なので寄せ植えにはあまり向いているようには思いません。鉢植えなら単独か郡植したほうがよいでしょう

オジギソウの主な品種

これといった品種はないようです

その他の写真

花のアップ。ポンポンのような姿

おじぎした姿。葉だけの時は葉だけ閉じますが、茎を触ると茎も一緒に垂れ下がります
反応が思ったよりも早めで面白いですが、何度も触ると弱るといわれているのでほどほどに

オジギソウの個人的な印象

オススメ度:60%
おじぎする動作だけでなく、花も面白い形です

コメント

  • 花が咲きにくいのは肥料過多か日当たり不足が原因と思われます

戻ります