本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イトシャジン

戻ります

イトシャジンのデータ

花色:
学名:Campanula rotundifolia
科名:キツネノマゴ科
分類:常緑多年草
原産地:北半球の温帯
大きさ:背丈20〜40cm 横幅25〜40cm
主な見所:花(5〜8月)

イトシャジンの特徴

繊細な姿の株から釣鐘型の小さい青紫の花を咲かせます。それほど花つきは多くないですが長期間咲きつづけてくれます。葉は線形です。株はほふくして広がり、開花時にはやや長めの花茎を伸ばします。可憐な印象で山野草として扱われることが多いですが、性質は比較的丈夫でガーデニングでも十分活躍できます

  • 難易度: 夏の暑さに少し弱いものの比較的丈夫です
  • 日照量: 秋から春は日当たりのよい場所を好みますが、夏は遮光します
  • 水分量: 水へ毛のよい土を好みますが、乾燥には少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

イトシャジンの育て方

秋から春は日当たりのよい場所を好みますが、夏の直射光は強すぎるので落葉樹の下に植えたり、木陰に移動するなどして遮光します。水はけのよい土に植えますが、鉢植えは乾きすぎにも注意。見た目に反し耐暑性は比較的強く、似たような花の咲くカンパニュラの中では夏越しできる可能性の高い花です。秋に株分けで増やせます

  • 管理:花がらは切り取ります。比較的花期が長く、ある程度花が終わったら切り戻せば株が充実していれば2番花が咲きます
  • 肥料:緩効性肥料を春と秋に与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

イトシャジンのアレンジ

洋風や和風、自然風の庭いずれにも合います。鉢に単独で植えたり、寄せ植えに用います。横に広がりやすいのでどちらかといえば単独で栽培したほうが綺麗に見えるかもしれません。水はけがよく、木陰になるような涼しい場所なら地植えも可能です

イトシャジンの主な品種

白花種があります。それ以外にもいくつか品種がありますが日本では出回ることが少ないです

その他の写真


花の内側の色は白みが強いです

イトシャジンの個人的な印象

オススメ度:75%
やや夏の暑さには弱いものの、丈夫で可憐な印象の花です

コメント

  • 山野草として人気があるイワシャジンとは属が異なります。暖地での栽培が難しいイワシャジンに比べると、イトシャジンは気を使えば初心者でも夏は越せると思います

戻ります