本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イベリス

センペルビレンス

戻ります

イベリスのデータ

花色:赤ピンク赤紫白
学名:Iberis
別名:キャンディタフト、トキワナズナ(センペルビレンス)
科名:アブラナ科
分類:秋まき一年草・多年草・亜低木
原産地:西アジア・東・南ヨーロッパ
大きさ:背丈15〜40cm 横幅20〜30cm
主な見所:花(4〜6月)※初冬から開花株が出回ります、香り(花)

イベリスの特徴

一年草・多年草・亜低木タイプがあり、その中でもいくつかの品種に分かれます。茎が立ち上がるものや背丈が低いものなどがありますが、特徴的な花の形は似通っています。花つきがたいへんよいので、開花最盛期は賑やかに見えます。一番ポピュラーなのは亜低木のセンペルビレンスで花つきが良いです。一年草のアマラや、白花のほか、ピンク〜赤紫花もある多年草のウンベラータも少ないながら出回ります。キャンディーの名のとおり多くの種で花から甘い香りを漂わせます。葉は細長い形をしていますが、花の咲く時期には花に隠れて目立ちません。株はよく分枝して自然と姿がまとまります

  • 難易度: 過湿に気をつければ大丈夫
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 比較的乾いた環境を好みます
  • 耐寒性: 多年草・亜低木タイプは南関東以西では屋外でも冬越しできます

イベリスの育て方

日当たりと乾燥を好み、やせ地でもよく花を咲かせてくれます。砂などを混ぜた水はけのよい土に植えましょう。水やりも控えめにします。酸性土を嫌うので、石灰などであらかじめ用土を中和しておきます。移植に少し弱く、苗を植え付ける際には根を傷めないようにします

  • 管理:根づいた後は放任で育ちます。花後の花がらは切り取りましょう
  • 肥料:多肥は好みません。特にチッソ肥料が多いと徒長するので、リン酸分の多い緩効性肥料を控えめにまきます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

イベリスのアレンジ

洋風の庭に合います。春に苗が出回るので、これを寄せ植え材料に使います。株張りがあり、花つきもよいので寄せ植えの主役として活躍できます。合わせる植物は乾燥を好むものにしましょう。花壇植えなら寄せ植えでは使いづらい茎が立ち上がる品種を用いるのも楽しいです。レイズドベットの縁取りや乾きやすいロックガーデンに適しています

イベリスの主な品種

いくつか品種がありますが、一般的に店頭で見かけるのはセンペルビレンスです

センペルビレンス(I.sempervirens)
亜低木で横に広がるように育ちます。澄んだ白花が綺麗。「スノーフレーク」などいくつか改良品種が出回ります。丈夫で花つきもよいです

アマラ(I.amara)
一年草。やや大きめの葉で白花を咲かせます。タネ以外で出回ることは稀です

ウンベラータ(I.umbellata)
多年草。白花のほか、ピンク〜赤紫花もあります。茎が立ち上がって咲きます

その他の写真

香りに惹かれて蝶(たぶんベニシジミ)がやってきました

イベリスの個人的な印象

オススメ度:90%
花の最盛期はとても美しいです。生育環境が合うなら個人的にお勧めの花

コメント

  • 店頭にはセンペルビレンスの白花が多く出回り、他の種類を見る機会は少ないです
  • 南関東以西では初冬から開花株が店頭に並ぶことが多くなっています

戻ります