本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

エボルブルス

戻ります

エボルブルスのデータ

花色:ブルー
学名:Evolvulus
別名:アメリカンブルー
科名:ヒルガオ科
分類:常緑多年草・一年草扱い
原産地:アメリカ
大きさ:背丈20〜40cm 横幅20〜35cm
主な見所:花(5〜11月)

エボルブルスの特徴

青い小さな花を初夏から秋までの長い間咲かせます。暑さに強く真夏も開花が鈍りません。花つきは悪くないのですが、花自体が小さいこともあり株が花で覆われるようなことはなく、全体的には大人しめな印象。花は日差しに反応して開き、暗いときは閉じたままです。葉は小さめで、細かい毛の生えた灰濃緑色。株は横に広がるように伸びます

  • 難易度: 過湿にしなければ楽に育てられます
  • 日照量: 日当たりのよい場所でないと開花は望めません
  • 水分量: 乾燥気味に育てます
  • 耐寒性: 屋外での冬越しは難しいです。一年草扱いが無難

エボルブルスの育て方

日当たりと水はけさえ良ければ丈夫に育ちます。暑さには強いのですが、過湿にはあまり強くないので乾燥気味に育てます。摘心して枝を増やすとこんもりした株になります

  • 管理:伸びすぎたら切り戻して株を整えます
  • 肥料:開花期が長いので、元肥の他に液肥も与えて株の勢いを保ちます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

エボルブルスのアレンジ

ハンキングや吊り鉢に合います。花期が長いので寄せ植えにも使いたくなりますが、株が横に広がりやすいので管理が必要になります。庭植えにしてグランドカバーにも使えます
どちらにしろ花の印象が薄めなので、メインにするのは無理があります

エボルブルスの主な品種

花の中心の白い部分が大きいものがありますが、店頭ではほとんど見かけません

エボルブルスの個人的な印象

オススメ度:50%
丈夫で、過湿に気を付ければ楽に育てられますが、花が小さく花つきもまばらなため地味な印象。花色は美しいので、もっと花つきがよく花も大きい改良品種が出回るようになれば、評価は大きく変わるはずです

コメント

  • 以前に比べ、見かける機会はかなり少なくなりました

戻ります