本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

エキナセア

戻ります

エキナセアのデータ

花色:ピンク白
学名:Echinacea
別名:ムラサキバレンギク
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:北アメリカ原産
大きさ:背丈50〜100cm 横幅40〜80cm
主な見所:花(5〜8月)

エキナセアの特徴

野趣があるのでナチュラルガーデンによく用いられています。店頭で普通に出回っているエキナセアはプルプレアがほとんどですが、様々な花色の改良・交配品種もあります。花は咲き進むにつれて花芯が盛り上がり、花弁(舌状花)は垂れ気味になる独特の姿になります。品種によって花の咲く時期が違いますが初夏が最盛期です。葉は葉先に行くほど細くなります。冬はロゼット型で低い背丈。春に枝を伸ばして花を咲かせます

  • 難易度: 丈夫ですが、高温多湿にはやや弱い
  • 日照量: 日向が好みです
  • 水分量: ジメジメは苦手です
  • 耐寒性: 寒さには強いです

エキナセアの育て方

日当たりと水はけの良い場所に植えます。強健でやせ地でも育ちます。ジメジメした環境は苦手ですが暑さそのものには比較的強いです。特別な管理をするよりも、放任して乾かし気味に育てると上手くいきます

  • 管理:花がらは切り取ります。庭植えなら5年程度は植えっぱなしでも大丈夫です
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:葉が虫に食われることがありますが、特にこれといったものは発生しません

エキナセアのアレンジ

野性味があるのでナチュラルガーデンに向きます。高さがあるのでボーダーガーデンにも合います。独特の花の形をしているので整形花壇や和風の庭にはあまり適していません。株張りがコンパクトで植える間隔はそれほどあけなくても構いませんが、高温多湿にやや弱いので風通しは確保しましょう。背丈のある鉢に単植するのも面白いと思います

エキナセアの主な品種

店頭で出回るものはプルプレア(E. purpurea)のピンクの一重花が多いですが、八重咲きやオレンジ花など変わった種類や交雑種もあります

「ピンクダブルデライト」:八重のピンク花です。コンパクトに育ちます
「サンダウン」:エキナセアの中では珍しいオレンジ花です


八重咲きのエキナセア


赤花の品種


オレンジ花の品種


黄色花の品種

その他の写真


咲き始めは花芯がそれほど盛り上がりません

エキナセアの個人的な印象

オススメ度:85%
丈夫で手間がかからない花。横張りが少ないのでコンパクトに育つのも魅力です

戻ります