本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アルケミラ・モリス

戻ります

アルケミラ・モリスのデータ

花色:黄
学名:Alchemilla mollis
別名:レディースマントル
科名:バラ科
分類:常緑多年草
原産地:東ヨーロッパ〜西アジア
大きさ:背丈30〜50cm 横幅30〜60cm
主な見所:花(5〜7月)、香り(葉)

アルケミラ・モリスの特徴

アルケミラにはいくつか種類がありますが、園芸で用いられるのはモリスです。初夏に咲く、菜の花のような小さな黄色い花とともに、柔らかくて縁がゆるく割れた薄緑の葉も楽しみます。花は花弁がなく花弁のように見えるのはがくです。葉は灰緑色のマントを広げたような特徴的な姿。西洋ではこの葉をハーブとして利用しています。イングリッシュガーデンでは定番といえる花ですが、高温多湿に弱いので暖地では思ったように育たないことがあります

  • 難易度: 何年か夏越し出来れば丈夫になりますが、日本の暖地では難しい花
  • 日照量: 半日陰でも育ちます。日向の場合は夏に遮光したほうがよいです
  • 水分量: 乾燥は苦手ですが、水はけのよい土を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

アルケミラ・モリスの育て方

秋から春は日当たりのよい場所を好みますが、明るい半日陰でも育ちます。乾燥する場所には向きませんが、水はけのよい土に植えます。高温多湿に弱いので、夏は半日陰〜日陰の涼しい場所で管理しますが、それでも暖地では枯れてしまうことが多いです。夏越しの成功率は低めですが、夏越しを何年か繰り返すと暑さに慣れるのか比較的夏越ししやすくなります

  • 管理:地植えは放任でかまいません。できれば花がらは摘み取ります。鉢植えは夏に涼しい場所に移動します。大きくなりすぎたら秋に株分けします
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を少量与えれば十分。多肥は好みません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

アルケミラ・モリスのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。鉢植えでも育てられますが、大きくなるので地植えに適しています。ハーブガーデンやグランドカバー、花壇の前景に向いています

アルケミラ・モリスの主な品種

店頭にはモリスがよく出回っています。他の種類を見かけることは少ないです

モリス(A.mollis)
写真は冒頭参照。園芸で一般的に育てられるアルケミラ


エリスロポダ(A.erythropoda、別名:エリスロポ−ダ、ドワーフレディースマントル)
形は似ていますが、モリスに比べてとても小型の種類です。店頭ではほとんど出回りませんが通販でまれに見かけます。モリス同様、高温多湿に弱く、暖地で長期間育てるのは難しいです

アルケミラ・モリスの個人的な印象

オススメ度:40%
日本の暖地の気候に合った植物ではありません。日本では寒冷地向きの花です。育てるのが無理というほどではありませんが、ハーブガーデン以外にこの花を積極的に用いるには美しさや丈夫さが足りてないように感じます

コメント

  • 葉が水をはじき水玉ができます
  • 別名のレディースマントルという名は、婦人病に効果があるとされるハーブだからだそうです

戻ります