本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アジュガ

戻ります

アジュガのデータ

花色:青
学名:Ajuga
科名:シソ科
分類:常緑多年草
原産地:ヨーロッパ原産
大きさ:背丈10〜20cm 横幅20〜30cm以上(ほふく性)
主な見所:花(4〜5月)、葉(周年)

アジュガの特徴

普通に出回っているのはレプタンスの品種群です。冬の間ロゼット状だった株から小さな穂状の青紫の花を立ち上げます。葉はシソ科だけに紫色がかっていて、白の斑入り葉の品種でもその名残がわかります。株はランナーで横に広がりますが、成長が遅めなので広がりすぎて困ることは少ないです。耐陰性や湿潤に強いのでシェードガーデンのグランドカバーによく使われています

  • 難易度: 丈夫ですが、環境に慣れるまでは成長が緩やかです
  • 日照量::半日陰を好みます
  • 水分量::少し湿った土を好み、乾燥を嫌います
  • 耐寒性::耐寒性は強いです

アジュガの育て方

半日陰の、あまり乾燥しない肥沃な土の場所に植えつけます。落葉樹の下などに植えて夏に木陰になるようにすると生育上とてもよいです。丈夫な花ですが、蒸れに弱いので風通しは確保しましょう。ランナーで増えた株で簡単に株分けできます

  • 管理:枯れた花茎は切り取りますが、あとは放任でよいです。余計な所まで伸びすぎたら、ランナーを土から抜いて切り戻しましょう
  • 肥料:肥沃な土なら肥料は少なめで良いです
  • 病害虫:あまり心配いりません。たまにナメクジに葉を食われることがあります

アジュガのアレンジ

洋風、和風、自然風の庭いずれにも合います。ただ斑入り葉種は和風や自然風の庭では違和感があるでしょう。シェードガーデンのグランドカバーに向き、鉢植えや寄せ植えにはあまり向きません。やや初期成長は遅めで、環境に合うと盛んに広がるようになります。薄暗い場所にポイントで植えるなら白の斑入り葉の品種がよいでしょう。全面に広げたいなら普通種を選択します

アジュガの主な品種

レプタンスの品種が主に出回っています。通常の紫葉のほかに白斑入りの品種も一般的。青や紫以外の花色もあるそうですが実際に見たことはありません

○レプタンス(A.reptans)
セイヨウキンランソウとも呼ばれます。園芸品種が多く出回ります。丈夫で育てやすいです


レプタンスの斑入り葉の品種。普通種に比べると性質はやや弱いです

その他の写真


寒い時期は葉の色が濃くなります

アジュガの個人的な印象

オススメ度:75%
半日陰の庭のグランドカバーとしてお勧め。環境が合えばほとんど手間もかからず育ちます

戻ります