本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アガパンサス

戻ります

アガパンサスのデータ

花色:青紫青白
学名:Agapanthus
別名:ムラサキクンシラン
科名:ユリ科
分類:常緑多年草
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈30〜40cm(花茎100〜120cm) 横幅50〜60cm
主な見所:花(6〜7月)

アガパンサスの特徴

細長くやや肉厚な葉を広げ、初夏にすっと立った長い花茎を伸ばして爽やかな花を咲かせます。根が太くよく伸びるので鉢植えだと扱いづらく庭植えに向いています。とても丈夫で放任で育ち、株分けで容易に増やせるからか公園や有料ガーデンなどで目にする機会が多いです。寒冷地では冬に落葉しますが春から新芽を出します

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向のほうが花つきはよいですが、明るい半日陰でも花が咲きます
  • 水分量: 乾燥を好みひどい過湿は苦手ですが、広い幅をもちます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いですが、寒冷地では保護したいです

アガパンサスの育て方

水はけのよい広い場所に植えたら後は放任で育ちます。日当たりを好みますが、花つきは悪いものの明るい半日陰でも花は咲きます。ただし暗すぎると株は枯れないものの花が咲かなかったり、隔年開花になったりするのでお勧めできません。植え替えをあまり好まず庭植えの場合は4〜5年は植えっぱなしで育てます。株が込み合ってきたら株分けして更新します。関東以南の暖地であれば保護の必要はありませんが、内陸などの寒冷地では霜除け等の保護がほしいです

  • 管理:終わった花や黄色くなった葉は根元から切り取ります。鉢植えにするなら毎年植え替えたほうが太い根をコントロールできます。あるいは植え替え時に割りやすい鉢を用いて、植え替えるときは鉢を壊すつもりでいるのも良いでしょう。それぐらい根が張ります(なので庭植えをお勧めします)
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えて株を充実させると花が良く咲きます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

アガパンサスのアレンジ

花壇やボーダーガーデンに向いています。長くて太い根を張るので鉢植えにはあまり向いていません。葉が横に広がるので庭植えでは植栽間隔に注意します。放任して同じ場所で育てた方がよく花をつけるので植え場所は慎重に選びましょう

アガパンサスの主な品種

品種によって青〜青紫の花色に幅があり、白花種もあります。矮性の品種も出回ります


白花の品種

「アフリカヌス」:矮性で鉢植えで育てます。耐寒性があまりありません

その他の写真


花のアップ。花弁の中央にラインが入ります

アガパンサスの個人的な印象

オススメ度:80%
鉢植えや寄せ植えには向きませんが、病害虫に悩まされにくく強健な性質はお勧めです

コメント

  • 肉厚の葉ですが細く柔らかめで、別名につくクンシランとは印象がだいぶ異なります
  • 東京湾沿岸付近では耐寒性の問題はないですが、寒さの厳しい地方では保護したほうが良いでしょう。葉を常緑のまま保てれば花つきが良くなります

戻ります