本文へスキップ

小型水槽による水草レイアウトの紹介

小型水槽水草レイアウト

小型水槽向きの水草図鑑 タ行・ナ行

タイニムファ

タイ ニムファ

  • 1個500円前後
    光:強
    底床:砂・ソイル(ソイルだと成長が良すぎる)
    丈夫さ:☆☆☆☆
    美しさ:★★★
  • 特徴:スイレンの仲間で、球根から赤みのある広めの葉を出します。中景などにレイアウトのポイントとして使うのが一般的です。最終的には浮き葉を出しますが、切る切らないはレイアウト次第といえるでしょう。水面に浮かんだ葉も雰囲気はいいので、水槽内が暗くならないように注意しながら、浮き葉も楽しんでみるのもよいでしょう。やや大きくなるので小型水槽では持て余すこともあるので株間は考慮しておきましょう。丈夫で、初心者でも育てやすい赤系水草です
  • 育て方:比較的丈夫な水草。光は強めの方がよいです。底床は砂でもソイルでも育ちます。ただ、ソイルだと育成は楽ですが、葉が小型水槽には大きくなりすぎることが多いです。塊茎は深植えせず、感覚的には置いておくような感じで構いません。根がよく張るので頻繁に植え替えをしないようにします
  • ニムファ類をソイルが底床の小型水槽水草レイアウトで植える方法
    小型の鉢(黒ビニール鉢でよい)を用意します。そこに砂を入れニムファを別に植えることでソイルによる巨大化の影響を受けずにニムファの生長を抑制できます。(それでも、水中の養分などでやや大きくなりやすいですが、ソイルに直接植えるときと比べると生長はかなり遅くなります。鉢はなるべく石や流木、水草などで見えないよう工夫しましょう
チェーンアマゾン

○●チェーンアマゾン

  • 1束3〜400円前後
    光:強〜中
    底床:砂・ソイル(ソイル推奨)
    丈夫さ:☆☆☆☆
    美しさ:★★
  • 特徴:比較的小さな根茎水草。幅が狭めの葉を四方に広げます。アマゾンソードプラントをかなり小型にしたと思えばよいでしょう
  • 育て方:丈夫です。CO2添加は必要ありませんが、ソイルだと生育がよくなります。古い葉を切って更新していかないと汚くなった葉がコケの温床になりがちです。買ってきて植える際、外側の汚れた水上葉は植える前に取り去ってしまいます。植え替えに弱いので、頻繁に場所を変えないで育てましょう

○ディディプリス

  • 5本5〜600円前後
    光:強
    底床:砂・ソイル
    丈夫さ:☆☆
    美しさ:★★★★
  • 特徴:有茎水草。十字型に葉がつく特徴的な姿。節が詰まって葉がつき間延びしにくいです。育成はやや難しい部類に入ります。ただ比較的成長が遅く、調子がよいときの美しさも魅力的。水草育成設備が整っている水槽なら大丈夫です
  • 育て方:光は強めにし、CO2添加が必要です。底床は砂でもソイルでも育ちます。条件が整っていれば意外に丈夫に育ちますが、どちらにしろ中級者以上向きの水草です。状態が悪いと葉の内側から茎や葉が枯れこみます
トニナsp

○トニナ sp.

  • 1本200円前後
    光:強〜中
    底床:ソイル
    丈夫さ:☆☆☆
    美しさ:★★★★★
  • 特徴:有茎水草。頭頂部の美しい緑が特徴です。以前は高価で育成の難しい水草の代表でしたが、今はソイルの登場で比較的簡単な種類になりつつあります。それに伴い値段も安くなりました。小型水槽では後景に使うのが一般的です。豪華な雰囲気を作り出せます。3〜4本でも小型水槽ではよく目立ちます
  • 育て方:光は強めの方がよく、ソイル系の底床とCO2添加が必要です。ただ、この条件さえ満たせば初心者でも十分育成可能です。トリミングは差し戻し方式をとり、刈り込まないようにします(トリミングの欄参照)。調子が悪いと葉先から枯れこみます
ナヤス

●ナヤス

  • 一本50円程度
    光:強〜弱
    底床:砂・ソイル(なしでもOK)
    丈夫さ:☆☆☆☆
    美しさ:★★
  • 特徴:有茎水草。かなり柔らかい感じの見た目です。プラスチックのカップ等で売られていることもあります。切れやすく取り扱いは大変で、流通量もやや少なめ。勝手に切れて増えることがあるのでレイアウトには不向きかも
  • 育て方:丈夫で、CO2添加がなくても育ちます。底床に植えても根を一本程度しか出さず、草体も頼りなげに見えますが育てるのはとても楽です。グラスアクアにも使えます