本文へスキップ

水辺の植物を使ったミニビオトープの紹介

水辺の植物‐ミニビオトープ

水辺の生き物たち

家庭でできるミニビオトープでも自然の生き物たちが集まってきます
一方で、小さな水鉢でも飼育できる生き物たちがいます
ボウフラやコケを食べてくれるものから、見ていてユーモラスなものまで様々です
池ならば繁殖も可能で、生命のサイクルを身近で観察することができるでしょう

ミニビオトープに集う生き物たちの紹介

メダカ
メダカ

小さくて、屋外でも冬を越せる淡水魚は少ないのですが、メダカはその代表的な魚です。ボウフラ駆除の目的で入れることもあります
飼育も難しくはありません。植物が元気よく育っていて、水深が5cm程度取れていれば大丈夫です。ただし、狭い水鉢だと淘汰されてしまいます。大きな水鉢や池なら繁殖も可能です
色々な生物の捕食の対象になるのでメダカをメインにしたいなら保護が必要です

タナゴ
タナゴ

やや大きくなるので、水量や水深も十分ある大きい水鉢や池でなくては飼えませんが、実際には金魚よりも水を汚さないです。ただし、遊泳力が強いので開けた場所を作ってあげるとよいでしょう

タニシ
タニシ

ユーモラスな姿を楽しむとともに、ゴミの欠片や藻類を食べてもらう目的で飼育します
働き者ですが、アオミドロはそれほど食べません
狭い水鉢だと栄養が少ないせいか、あまり長生きしてくれません

トンボ
トンボ

水があるとトンボがやってくることが多いです。都会でも数種のトンボを見ることができます
ただし、小さな水鉢の場合は問題になりませんが、池ではヤゴ(トンボの幼虫)が増えるとメダカなどを摂食することがあるので注意がいります


カエル

場所にもよりますがカエルもやってきます。田んぼが近いと来る確率が高いです
写真はトノサマガエル。水の中が好きなカエルです