本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

養浩館庭園






養浩館庭園(ようこうかんていえん)は福井県福井市にある日本庭園。福井藩主松平家の別邸で、江戸の初期から中期の間に造られました。庭園は池を中心として、数寄屋造りの屋敷や林、築山などを巡りながら観賞できる回遊式林泉庭園となっています。
また、大名庭園の中では珍しく特別な制限なしで屋敷内部に入れて、ゆっくり庭園の景色を眺めることができるのも特徴です

東門と西門


屋敷側に近い大きめな東門と、郷土歴史博物館側から近いこじんまりとした西門があります。どちらも受付で入園料を払って中に入ります。
ここでは東門から入り屋敷内を観賞してから、時計回りに池の周囲を巡るルートで紹介します

屋敷と、屋敷入口


池に浮かぶように建てられた数寄屋造りの屋敷。
池の反対側にある屋敷の入口から靴を脱いで中に入ります

櫛形ノ御間


屋敷入口からまっすぐ進むと櫛形ノ御間(くしがたのおま)。池に面した連窓が櫛を連想させることからついた名です。池に一番張り出した間で、窓のそばに座って池を見ると、まるで船から庭園を観賞しているような雰囲気を味わえます

御湯殿


屋敷の北側には蒸し風呂のある御湯殿があります。
別荘らしく、前面にある御上り場も含め寛げるような広い空間になっています

御座ノ間


藩主の座があった屋敷の中心となる座敷。こちらでも土縁から庭園の景色が楽しめます。
室内側の手の込んだ意匠も見所です

御月見ノ間


屋敷南側にある離れになった座敷。池面に映る月を見るための窓があります。
また、遣水と石橋をやや高い位置から観賞できます

屋敷から見る池の景色


畳や縁台に座りながら気軽に屋敷から景色が眺められるのが、この庭園の大きな特徴。
池の対面にある築山や林が美しいです。またこれらは余計なものを隠す効果もあります

遣水


屋敷を出て南側に向かうと屋敷に沿うように流れる遣水があります。昔は上水を取り入れたもっと広い流れだったそうで、それにちなんで江戸時代には「御泉水屋敷」と呼ばれていました。
今は地下水をくみ上げた小さな流れになっています。注目は護岸に御泉水屋敷時代のような砂浜(砂利汀)が再現されていることで、優しげな雰囲気があります

自然石の石橋


遣水の流れに架かる自然石の大きな石橋。
段差がそこそこあるので渡るときは足元に注意しましょう

屋敷外南側の洲浜


屋敷外南側からは砂利州浜と飛石を歩いて、景石越しの大きな池を眺められます。一番大きな景石は屋敷の束石でもあります。
地下水を利用しているためか池の水は綺麗で、コイのほか様々な小魚や生き物が見られます

臼ノ御茶屋跡付近


池の南側の小路を歩きます。地下水があふれる底が開いた蹲踞には美しい苔が見られます。
この辺りから見る、石組や池越しの屋敷の景観も見所です

清廉


池に突き出したように建てられた総ケヤキ造りの小亭。休憩や庭園鑑賞に用いられたとされていますが、池の添景としても大きなポイントになっています

七重層塔と玉石の州浜


池の西側には様々な景観があります。清廉同様、屋敷から見た添景にもなっています

築山と、築山付近から見た景色


築山も池の西側の景観のひとつ

西側の林と梅林


庭園の西は自然風の林になっています。屋敷から見た池の景色の背景としても役割も担っています。
奥には梅林があり、花の咲く季節には楽しめます

北側の林と苔


北側の林にはモミジが多く新緑や紅葉時は楽しめます。また、下草となる苔も美しいです

場所 福井県福井市宝永
交通 ■公共交通機関
JR「福井駅」から徒歩約15分。
車:
北陸自動車道「福井IC」より約15分。
駐車場あり
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL http://www.fukuisan.jp/ja/yokokan/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★ ★★☆ ★★★☆
大きな池と、それに飛び出すように建てられた屋敷が見所です。多くの日本庭園ではこういった屋敷は立ち入り禁止だったり、貸し出しの有料施設だったりしますが、気軽に入れてのんびりできる所が良いです。往時の殿様と同じ景色を眺められるのは庭園を観賞するうえでも大事なことだと思います。
庭園の規模は小さいものの、屋敷内の観賞を含めるとボリューム的にはやや広い庭園程度の満足感はあります。
これといった花の見所はありませんが、特に新緑の季節は見所が多いと思います。
ひとつ残念なのは、池から屋敷側を見た時に周辺のビルが視界に入ってしまうことです。仕方ない部分もありますが、屋敷とビルの距離が近いので多少配慮が欲しい気がします。
散策時間は、さっと巡るだけであれば30分あれば十分ですが、屋敷内でゆっくり庭園を観賞できる時間を作れれば、より庭園への魅力が深まると思います。1時間程度を推奨します。
管理状態は良好、管理者の印象も良好です。
公共交通機関利用の場合、駅から歩いてもそれほど遠くなく良いです。また、駅からバスの便もあります。詳しくは公式ウエブサイトで確認を。
車利用の場合、東門側に小さめの庭園臨時駐車場がありますが、郷土資料館の大きな駐車場を利用するのも良いでしょう。
注目の花(色付き文字は特におすすめ)
早春:ウメ
初夏:新緑、ツツジ、カキツバタ
梅雨:アジサイ
晩秋:紅葉

戻ります