本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

くらしの植物苑




千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館の付属施設である、くらしの植物苑。博物館のコンセプトに合わせ、人々のくらしに関わってきた植物を系統別に展示しています。花の注目でいえばサクラソウやアサガオなど歴史のある花の季節展示が大きな見所です

くらしの植物苑入口

門のような入口。門をくぐってすぐの受付で入場料を払って中に入ります

案内図(クリックすると大きくなります)

テーマにそって、生活や産業など人のくらしに近い植物たちを展示しています

東屋

普段は休憩所となっている東屋。イベント時には展示会場になることもあります

温室

デリケートな展示物を飾っている温室。イベント時はやはり展示会場になります
植物を目線に近い位置で観賞できます

畑作物と、コンニャク(右上)、ゴボウ(左下)とホップ(右下)


ヒエやアワ、キビなど、普段見ることのない作物の姿を見ることができます。コンニャクやゴボウ、ホップ(ビールの原料のひとつ)は説明がないと分かる人は少ないと思います
こんな風に、くらしに身近な植物の本来の姿をみることができます

園内の風景1

美しい園芸植物は多くありませんが、他の植物園で見られない変わった野菜や花が多く見られます

園内の風景2

下草も見られますが、春に開花する花や比較的地味な樹木がメイン
そのためテーマごとの区画はやや分かりにくいものになっています

有毒植物のアセビと、百成ヒョウタン

アセビは有毒で昔から防虫などに、ヒョウタンは飲み物の容器として使われました
食用だけでなく、薬用や染料など、くらしに用いられてきた植物たちを見ることが出来ます

落葉ツツジの花と、イベント時のアサガオ

季節によっては美しい花も楽しめますが、どちらかというと植物好きな方のための施設です
ただ、サクラソウやアサガオなどのイベント時には美しい花も見られます

佐倉城址公園

ソメイヨシノやハナショウブ、アジサイ、スイレンなどが咲く季節には、隣接する佐倉城址公園も散策コースに加えてみると楽しめるでしょう

国立歴史民俗博物館

本館の国立歴史民俗博物館。国営だけあって一日で見切れないほどの展示内容を誇ります
レストランやお土産を求めることもできます

場所 千葉県佐倉市城内町
交通 電車:
京成線「京成佐倉駅」から徒歩15分
JR「佐倉駅」から徒歩25分
両駅から国立民族学博物館行のバスも出ています
車:
東関東道「佐倉IC」から車で15分
入場料 100円 小・中学生以下は無料
開園時間 9:30〜16:30(入苑は16:00まで)
休館日 月曜・年末年始休み
HP http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/plant/index.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★☆ ★☆ ★★ ★★☆
花木や草花もありますが、博物館付属の植物園とあってメインはくらしに役立ってきた植物たち。イベント時などを狙っていかないとたくさんの花は楽しめないでしょう
園内はそれほど広くはなく、ゆっくり見回っても1時間はかかりません
桜の有名な佐倉城址公園と一緒に楽しみましょう。ハナショウブやアジサイの時期も美しいです。さらに見学しがいのある広さと展示内容を誇る本館の国立歴史民俗博物館も訪れれば、丸一日楽しめます
  ○2017年4月下旬の様子
「伝統の桜草」展を見に行きました。サクラソウは見頃で、そのほかボケなど春の花が見られます。休日でしたが、それほど混雑はしていませんでした。佐倉城址公園のソメイヨシノはすでに散っていました
 ○2016年8月中旬の様子
「伝統の朝顔」展を見に行きました。早朝入園のため1時間早く入場できました。美しい大輪から変わった縮緬葉まで様々なアサガオを観賞できました。園を出る頃にはアサガオはやや萎れ気味になっていたので、アサガオ展は朝早く入場することをお勧めします
イベントが有名になったのか比較的混雑していました
注目の花
野菜、サクラ、サクラソウ、アサガオ(くらしの植物苑)
ソメイヨシノ、ハナショウブ(佐倉城址公園)

戻ります