本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

佐倉ふるさと広場




普段は千葉県佐倉市にある市民の広場ですが、チューリップやヒマワリ、コスモスの咲く時期は大規模な花の絨毯が楽しめます。印旛沼に隣接した長閑な風景と、大きなオランダ風車が魅力です

オランダ風車「リーフデ」


ふるさと広場のシンボル的な存在の本格的なオランダ風車。風向きによって羽根が風上方向に回転します。内部の見学も可能。この風車は、江戸時代より地元の佐倉藩で蘭学が盛んだったことから佐倉とオランダの交流が生まれ、それにちなんで建造されたとのことです

チューリップ


春に咲くのはチューリップ。風車とよく合うからか、3つの花の中で一番賑わいます。規模的にも他の2つの花より大規模に植栽され見ごたえがあります

チューリップの品種


チューリップは様々な品種が植栽されていて、花畑だけでなく個々の花を見るのも楽しいです

ヒマワリ


夏に咲くのはヒマワリ。他の2つの花に比べ植栽面積が小さめなことと、季節がら暑くて行楽に向かないこともあって、やや人出は少なめ。その分ゆっくり楽しめます

コスモス


秋に咲くのはコスモス。チューリップほど品種数はありませんが、植栽範囲はやや広めでボリュームがあります

オランダ花壇と、シェアガーデン


3つの大規模な花畑以外にも、小さいながら整った花壇に花が植栽されています。春には印旛沼沿いに植えられたサクラも綺麗です

佐蘭花(無料休憩所兼売店)と、出店


無料休憩所と売店を兼ねた建物(佐蘭花)では、佐倉市の名産品などを求めることができます。また、チューリップ最盛期の休日には売店が出ることもあります

場所 千葉県佐倉市臼井田
交通 電車:
京成線「臼井」駅から徒歩30分
京成線「佐倉」駅から徒歩40分
京成佐倉駅より循環バス「ふるさと広場」下車すぐ
※京成佐倉駅より臨時送迎バスが出ることもあります
車:
東関東道路「佐倉IC」から30分
(イベント時期は駐車場あり、有料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
 公式URL  http://www.city.sakura.lg.jp/0000000674.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★ ★☆ ★★☆
3つの花の開花期には大規模な花畑が楽しめます。特に風車とよく合うチューリップの時期が一番の見所。デザインされた庭園部分もありますが規模は小さく、基本的に花畑の量感を楽しむ施設といえるでしょう。
各種イベントや出店等が楽しめるチューリップの時期は周辺道路や駐車場が混雑しやすいです。平日に出かけるか、朝や夕方などに訪れるのも一考。他の花の時期はそこまでの混雑はありません。
それぞれの花の開花期はそれほど長くはなく、イベント期間が終了するとすぐ抜かれたり刈り取られてしまうので、公式SNSなどで開花情報をチェックしましょう。
駅から歩くことも不可能ではありませんが、かなり時間がかかります。京成佐倉駅から循環バスの便があるのでこれを利用したほうが現実的。ただ、循環バスは本数も定員も少な目なので注意。また、最盛期には臨時送迎バスが出ることがあるので公式ホームページ等を確認しましょう。国立民族博物館や佐倉城など他の名所も回りたいなら、レンタサイクルを借りるのも良いかもしれません。ただ、チューリップの時期は朝早めにいかないと、借りられる自転車がないことも多いです
注目の花:チューリップ、ヒマワリ、コスモス

戻ります