本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

セアノサス

戻ります

セアノサスのデータ

花色:白
学名:Ceanothus
別名:カリフォルニアライラック
科名:クロウメモドキ科
分類:常緑〜半落葉低木、落葉低木
原産地:北アメリカ西部〜中央アメリカ原産
大きさ:背丈1〜3m 横幅1〜2.5m 葉4〜15cm前後(対生)
主な見所:花(4〜6月)

セアノサスの特徴

葉が小さくブッシュ状になる品種‘パシフィックブルー’が一般的なので混乱しがちですが、種類がいくつかあり姿は違います。どの種も春から初夏にかけて美しい青紫やピンク等の花穂をつけます。ただ花穂の大きさは様々。葉も種類によって大きかったり小かったりと色々です。株も中木程度まで育つ種類と、ブッシュ状にしかならないものもあります。いずれの品種も乾燥を好むというポイントを抑えれば比較的丈夫ですが、ジメジメした環境に弱くいきなり枯れるという報告も多いようです。寒さにはやや弱いですが−5℃程度あれば冬越しします

  • 難易度: ジメジメした環境には弱いです
  • 日照量: 日当たりの良い場所で育てます
  • 水分量: やや乾燥した土を好みます
  • 耐寒性: 南関東以南では屋外で冬越しします。寒さの厳しい地方では保護した方がよいです
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いです
  • 移植:春・花後・初秋 寒い時期の移植は避けます

セアノサスの育て方

日当たりと水はけのよい場所が適地で、やや乾燥した土を好みます。乾燥に強くやや砂っぽい土でも育ちますが、その分粘土質の土が苦手です。ジメジメした環境も苦手なので風通しは確保します。(枯らす原因の大部分は過湿にあると思われます)。しかし、そのポイントを抑えて好みの環境に近づければ、特別な管理もなくよく花を咲かせてくれます。南関東以西の暖地なら地植え可能です。寒い地方では鉢植えで育てますが、品種によって耐寒性には幅があるようです

  • 管理:関東でも寒さの厳しい地方では不織布等で保護します 。株が若いうちは枝がしなりやすいので支柱等で支えましょう
  • 剪定花後 花後に剪定します。冬の剪定は花芽を落とすのでなるべく避けます
  • 肥料:花後や秋に緩効性肥料を与えますが、花つきがよいようなら無理に与えなくても構いません。
  • 病害虫:特に気になるものはありません

セアノサスのアレンジ

品種によりアレンジを変えます。ずっと低木として使いたいなら葉が小さい品種を、木としての存在感を出したいなら広葉の品種を選びます。パシフィックブルーなどの葉が小さめで密につく品種は花後に刈り込みもできるので、境栽や列植など様々な使い方が可能です。花壇のワンポイントにしてもよいでしょう。広葉の品種は自然樹形が魅力なので、花壇の後景や自然風の庭に向いています

セアノサスの主な品種

広葉の品種のほうが背丈が高くなる傾向があります


「パシフィックブルー」(狭葉種)
照りのある濃い緑葉で、花は小さめの花穂の濃い青紫です。よく出回っておりセアノサスといえばこれといった感じですが、広葉のセアノサスと特徴がかなり異なるため混乱する要因ともいえます。若木から花つきがよいです。樹形はブッシュ状になります 。落葉種よりもやや寒さに弱いです


「マリーサイモン」(広葉種)
薄いピンクの花を咲かせます。広葉種の中では比較的ポピュラーな品種 。丈夫で、花つきも良いです


「ヘンリーデスフォッセ」(広葉種)
青紫の花が美しい品種

「エルドラド」(広葉種):初めは黄覆輪で次白覆輪に変わる斑入り葉。花は青です
「ベルサイユ」:薄青紫の花で、コンパクトに育ちます

セアノサスの個人的な印象

オススメ度:75%
環境に合えば丈夫な花で、軽い剪定程度で美しい花が楽しめるオススメの花木ですが、枯らしてしまうという報告も多いようです。個人的には育てやすく花も美しいので、もっと使われてもよいと思っています

コメント

  • 日当たりの良い場所で育てないと魅力を発揮できません。栽培の基本ではありますが、条件の合わないところには無理に植えないというのが大事なんだと思います
  • 園芸書にも記載は少なく、品種の同定は難しいです
  • 夏の西日に注意等、暑さに弱いという記載もありますが、栽培経験プラス原産地的にいって、高温多湿は苦手だけど暑さ自体には比較的強いようです

戻ります