本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ロニセラ


ハニーサックル(つる性種)


ニティダ

戻ります

ロニセラのデータ

花色:ピンク白 葉色:
学名:Lonicera
別名:ハニーサックル
科名:スイカズ科
分類:落葉〜常緑つる木本・常緑低木
原産地:北半球の温帯
大きさ:(ハニーサックル)背丈100〜300cm以上(つる性)
大きさ:(ニティダ)背丈15〜60cm(1.5m) 横幅15〜70cm(1.8m)
主な見所:花(5〜7・9〜11月)※初夏が最盛期

ロニセラの特徴

園芸でロニセラと呼ばれて販売されるものには原種を含めいくつか種類があります。大きく分けるとつる状になり花を楽しむ落葉〜常緑のハニーサックルと呼ばれる園芸品種郡と、葉物として使われる常緑低木のニティダがポピュラーです
ハニーサックルは初夏から秋にかけて変わった形の花を咲かせます。花にはハニーの名のとおり弱い甘い香りがあります。花色が豊富で複色咲きや、咲き進むにつれ変化するものも多いです。葉は楕円形でやや濃い緑、株はつる状になり成長が早く旺盛に広がります。落葉〜半落葉しますが暖地では常緑を保つ品種もあります
ニティダはブッシュ状になり葉が小さくグランドカバーや寄せ植えに人気があります。花は目立ちませんが美しい斑入り葉が出回ります。通常の緑葉も綺麗です。ハニーサックルとは異なり成長はやや遅く樹高も高くなりません
店頭に出回ることは多くありませんがツキヌキニンドウなどの原種も栽培されています

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも十分花を咲かせます
  • 水分量: 強い乾燥には弱い所があります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです
  • 成長速度
    ○ハニーサックル:早い 成長はかなり早く管理が必要なつる植物です
    ○ニティダ:やや遅い 多少徒長枝が出るものの、成長は遅めです
  • 移植:春・秋 移植は難しくありません。植え替え時は枝を切り詰めます

ロニセラの育て方

2種類とも、とても丈夫な植物です。陽地を好みますが、半日程度あるいは木漏れ日程度の日射でも十分です。ハニーサックルは西日にも強いので緑陰に使えます。土壌は特に選びませんが、肥よくで水はけ水もちのよい土がベストです。強い乾燥には弱いので鉢植えにする場合は水切れに注意します。ハニーサックルは旺盛に枝を伸ばすので、つるを絡ませられるようにネットフェンスやトレリスなどを用います。新枝に花を咲かせるので強剪定(下記参照)を行うことでより多くの花を楽しめます

  • 管理:ハニーサックルはトレリスなどがあれば自然に伸びていきますが、放任すると手がつけられなくなります。ある程度誘引して姿を調えましょう
    ニティダは逆に成長が遅く、剪定の手間も年1回程度と少なく管理は楽です
  • 剪定
    花後・冬(ハニーサックル):ハニーサックルは新しい枝に花をつけるので冬に強剪定しても大丈夫。冬だけでなく花後にも剪定して秋に返り咲きさせるといいでしょう
    初夏・秋(ニティダ):徒長枝を切り戻す程度で維持できます
  • 肥料:早春に遅効性肥料を、開花期は緩効性肥料や薄い液肥を与えます。肥沃な土なら無理に与えなくても構いません
  • 病害虫:特に気になるものはありません

ロニセラのアレンジ

ハニーサックルはアーチやトレリス、ネットフェンスなどに絡めて花を楽しめるようにします。旺盛に枝が伸びるので、他のつる植物と寄せ植えする場合は背丈の低いもの(小型のクレマチスなど)と合わせるとよいでしょう。よく上に伸びるもの同士だと管理が難しくなります
ニティダは成長が遅く背丈も低いまま維持できるので寄せ植えのアクセントに使いやすいです。背のやや高めなグランドカバーにも使えます
いずれも洋風の庭によく合いますが、自然風の庭にも向いています

ロニセラの主な品種

ハニーサックルには豊富な品種が揃います。交配品種が主ですが改良品種や原種も出回っています

ハニーサックル(つる性種)


「ゴールドフレーム」:交配品種。花色は外側は赤紫で内側の白色が徐々に黄色になります

「アメリカーナ」:交配品種。赤紫と薄黄色の復色咲き。冬は暖地でも半常緑になります
「テルマンニアナ」:交配品種。黄色〜オレンジ咲き。落葉種



ニティダ(L. nitida)
低木性の種で、つる性種とは見た目が大きく異なります。店頭に出回るのは斑入り種が多く、普通種の緑葉種が出回ることは少ないです


「レモンビューティ」
薄黄色の斑入り種。寄せ植え用によく出回っています


原種


ツキヌキニンドウ(L. sempervirens):赤〜オレンジのラッパ型の花。寒冷地では落葉しますが暖地では常緑のままです。育て方はハニーサックルと同じで丈夫な花です。大きくなり、よく茂るため狭い庭での植栽は無理があります

その他の写真


ハニーサックルの実


冬のハニーサックルの葉。落葉しない場合でも葉色が変化することが多いです

ロニセラの個人的な印象

オススメ度:70%(ハニーサックル)、80%(ニティダ)
ハニーサックルは放任すると大変な大きさになるので剪定はきちんと行います
ニティダは成長の遅い寄せ植えの葉物や管理の手間が少ないグランドカバーや植え込みとしてオススメ。ただし日陰には使いづらいです

コメント

  • 「ロニセラ」という名前でひとくくりにするのがかなり無理がありそうなほど様々な種類があります。優れた低木であるニティダによい流通名を与えて欲しいです

戻ります