本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハクチョウゲ

戻ります

ハクチョウゲのデータ

花色:白
学名:Serissa japonica
科名:アカネ科
分類:常緑低木
原産地:東アジア
大きさ:背丈0.3〜0.6m(1.0m) 横幅0.4〜0.6m(0.8m以上) 葉1〜3cm(対生)
主な見所:花(5〜7月)

ハクチョウゲの特徴

コンパクトな樹姿と、それによく合う小さな花や葉をつけます。刈り込みもきくので様々な使い方ができます。花は小さい白花で少し薄紫色が混じります。葉も小さく、鋸歯がなく葉先が尖ります。株はこんもりまとまります。比較的耐陰性があり半日陰でも育ちますが、日当たりが悪いと花つきはよくありません。斑入り種がよく出回っていて、花の咲きにくい半日陰の庭にはこちらのほうが映えます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向から半日陰で育ちます。花をよく咲かせたい場合は日向
  • 水分量: 適湿を好みますが、比較的広い範囲に適応します
  • 耐寒性: 関東以南であれば問題ありません
  • 成長速度:普通 成長は比較的早いのですが、大きくならない木なので遅く感じます
  • 移植:春〜初夏、秋 移植は比較的容易です

ハクチョウゲの育て方

とても丈夫な低木で条件もあまり選びません。日向〜半日陰の肥沃な場所に植えれば手間もかからず育ちます。半日陰の場所では花つきが悪くなりますが、生育には問題ありません。ただ、日影のあまりに暗い場所や、風通しの悪い場所だと弱りやすいです

  • 管理:普段は管理がほとんどいりません。整形したい場合や、伸びすぎたときは切り戻します
  • 剪定春・花後すぐ・秋 整形して育てる場合は、ある程度花を犠牲にして芽出し前の春に刈り込みます。秋は枝を整える程度。花をよく咲かせたい、あるいは自然樹形の場合は花後すぐに刈り込みます
  • 肥料:早春に控えめに寒肥を与えますが、普通に育っているなら無理に与えなくて構いません
  • 病害虫:これといった害はありません

ハクチョウゲのアレンジ

洋風や和風、自然風いずれの庭にも合います。背の低い生垣としてよく見られますが、美しい花を円筒仕立てや自然樹形で楽しむのも素敵だと思います。刈り込んで小さく仕立て、境栽のように使うこともあります。ベニバナハクチョウゲは勢い良く伸びる枝が出やすく、ハクチョウゲは比較的大人しめな樹形なので使う場所によって樹種を分けてみるのもよいでしょう

ハクチョウゲの主な品種

斑入り種がよく出回ります。八重咲きや二重咲きの品種もありますが出回る量は少ないです


斑入り種。成長がやや遅く花つきも悪いですが、緑葉種とは違い明るい印象です

その他の写真


自然樹形は枝が長く伸びます

ハクチョウゲの個人的な印象

オススメ度:80%
花は地味ですが病害虫も少なく、用途の似たサツキよりも扱いやすい木です

コメント

  • 日当たりの悪い場所でも育つとする向きもありますが、魅力を十分に引き出すためには半日陰程度の日照時間が欲しいです

戻ります