本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハクロニシキ

戻ります

ハクロニシキのデータ

葉色:
学名:Salix integra
原種名:イヌコリヤナギ
科名:ヤナギ科
分類:落葉低木
原産地:園芸品種(原種は日本・東アジア)
大きさ:背丈1.0〜2.5m(3m) 横幅0.8〜2m(2.5m) 葉2〜8cm(互生、対生も混じる)
主な見所:葉(春〜秋)

ハクロニシキの特徴

イヌコリヤナギの園芸品種。以前から寄せ植え用の斑入り低木として使われていましたが、最近は庭木としても人気があります。淡いピンクがのる白い斑入りの葉は芽だしの頃が一番綺麗で、夏以降徐々に斑が薄くなります。葉色はピンク→白→白斑入りと変化します。葉は枝に密着するようについています。株は枝元から枝が出て株立ち状になります。鉢植えでは一本立ちのスタンダード仕立てにすることが多く、庭木としては自然樹形の株立ち状に使うことが多いです

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向から半日陰で育ちます
  • 水分量: 広い幅で耐えます
  • 耐寒性: 寒さには強いです
  • 成長速度:早い 成長は早いですが、それほど大きくならないので管理は楽
  • 移植:落葉期 移植はやや困難です

ハクロニシキの育て方

丈夫な樹木で、適地に植栽できれば手間はかかりません。日当たりから半日陰の適湿な場所に植えます。強健で乾燥や湿った環境にもある程度耐えます。ただ、鉢植えの場合は強く乾燥させないようにします。あまりに日当たりが良いと白い斑入りの部分が痛むので、できれば夏は遮光にしたいです

  • 管理:成長がよいので冬と初夏に剪定します
  • 剪定落葉期・初夏(新芽が色あせ始めた頃) 落葉期に形を整え、初夏以降伸びすぎた徒長枝を切り戻します。スタンダード仕立てを維持する場合は放任すると株立ち状になりやすいので、いらない枝を常に元から切り取ります
  • 肥料:初春に寒肥を与えますが、よく育っているなら与えなくても構いません
  • 病害虫:アブラムシ程度です

ハクロニシキのアレンジ

自然風の庭、洋風の庭いずれにも使えます。場所を考えれば和風の庭でも合います。以前は大鉢にスタンダード仕立てというのが定番でしたが、最近は地植えにして、自然樹形の株立ち状に仕立てる姿もよく見かけます。また、刈り込みに耐えるので色々な仕立て方も可能です

ハクロニシキの主な品種

特にないようです

その他の写真


原種のイヌコリヤナギ。庭木にされることはほとんどありません

ハクロニシキの個人的な印象

オススメ度:80%
自然風に仕立てることが増えて魅力が高まりました。丈夫で育てやすいのも嬉しい

コメント

  • 漢字で書くと「白露錦」。どのような経緯で作出されたかは不明なようです

戻ります