本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アメリカテマリシモツケ

戻ります

アメリカテマリシモツケのデータ

花色:白
学名:Physocarpus
別名:アメリカコデマリ、テマリシモツケ
科名:バラ科
分類:落葉低木
原産地:北アメリカ原産
大きさ:背丈50〜200cm  横幅40〜150cm
主な見所:花(5月) 葉(春〜秋)

アメリカテマリシモツケの特徴

花も綺麗ですが、大きな見所は銅葉や黄金〜ライムグリーンの葉色です。初夏にシモツケやコデマリに似た手毬状の花を咲かせます。葉は浅めに3分裂し葉脈が目立ちます。様々な葉色があり、特に新芽時は綺麗です。株はブッシュ状になります。枝がよく伸び成長は早め。とても丈夫な樹木で病害虫も少なく、比較的新しく導入された樹木ながら、すでに西洋ガーデンの素材にはなくてはならないものになりました

  • 難易度: 丈夫な花です
  • 日照量: 日向を好みますが、半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みますが、やや乾燥した場所でも育ちます
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません
  • 成長速度:早い 成長は早いです。枝が勢いよく伸びます
  • 移植:落葉期 移植はやや容易です

アメリカテマリシモツケの育て方

とても丈夫な樹木です。日当たりと水はけの良い場所に植えれば問題なく育ちます。半日陰でも葉色や花つきは悪くなるものの、それなりに育ちます
成長が早いのでその点は配慮しましょう

  • 管理:成長が早いので樹形が乱れないように剪定します
  • 剪定花後(初夏) 花後に花がら摘みも兼ねて切り戻します。枝がよく伸びるので切り詰めないと樹形が悪くなってしまいます
  • 肥料:初春に寒肥を与えますが、花つきが良いようなら無理に与えなくても構いません
  • 病害虫:あまり発生しません。ごくたまにイモムシが出る程度

アメリカテマリシモツケのアレンジ

花よりも美しい葉色を生かしたアレンジに向いています。銅葉はシックで落ち着いた雰囲気に、黄金葉は明るい雰囲気になります。また、銅葉なら黄色の花や葉、黄金葉なら銅葉など反対色と合わせるとよく目立ちます。どちらにしろ洋風や自然風のアレンジとなり、和風の庭には向いていません

アメリカテマリシモツケの主な品種


「ディアボロ」
銅葉種の代表的な品種。美しい葉色です


「ルテウス」
黄金葉種の代表的な品種。新芽時は黄金色ですが、夏にはライムグリーンに変わります

アメリカテマリシモツケの個人的な印象

オススメ度:95%
美しい葉色も魅力ですが、丈夫で育てやすいのも大きなポイント。個人的におすすめの樹木です

戻ります