本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アジアンタム


ラディアヌム

戻ります

アジアンタムのデータ

葉色:緑
学名:Adiantum radiatum
科名:ホウライシダ科 / イノモトソウ科
分類:常緑多年草
原産地:中・南アメリカ、東南アジア他原産
大きさ:背丈20〜40cm 横幅20〜30cm
主な見所:葉(周年)

アジアンタムの特徴

様々な種類がありますが、園芸では一般的にラディアヌムの園芸種を指します。株元から羽状の小葉のついた葉柄を立ち上げます。葉が柔らかく全体的に繊細な姿なので涼しげな印象。黒褐色の葉柄との対比も美しいです。高い空中湿度を維持し、根は適湿にするという、やや栽培難易度の高い観葉植物です。一方で、環境に合う場所ではどんどん増えることがあります。ポピュラーではありませんが葉の大きい種類もあります

  • 難易度: 観葉植物の中では難易度は高い方です
  • 日照量: 半日陰を好みます。夏の直射光は苦手です
  • 水分量: 空気の乾燥は苦手ですが、根の過湿や乾燥は嫌います
  • 耐寒性: 3℃程度で冬越しします 

アジアンタムの育て方

乾燥した環境では育成が難しく、高い湿度を維持しないとチリチリになって枯れてしまうことがあります。かといって常に水に浸るような環境も好まず、美しい姿を保つには管理が必要になります。半日陰の場所に置き、水はけ水もちのよい土に植えます。霧吹きで湿度を保ち乾燥させないようにします。葉が傷むのでエアコンの風が直接当たるような場所に置くのは避けましょう

  • 管理:チリチリになった葉柄は元から切り取ります。観葉植物の中では寒さに強い方ですが、冬場に乾燥する地方は霧吹きで湿度を保ちます
  • 肥料:成長期に薄い液肥を与えるのみで十分です
  • 冬越し:霜が降りる前に屋内に取り込みます。冬場も霧吹きは続けて湿度を保ちます
  • 病害虫:屋外に置くとナメクジの被害に合います

アジアンタムのアレンジ

アジアンタムの性質上、テラリウム栽培に適しているように思えますが、土が常に水に浸っている腰水栽培は苦手です。単独で湿度を保ちつつ栽培するか、似たような性質の観葉植物(アスプレニュームやプテリスなど)と寄せ鉢にします。腰水にしつつの石付け栽培も面白いです

アジアンタムの主な品種

ラディアヌムの様々な改良品種が出回ります。ラディアヌム以外にも種類がありますが、園芸では一般的ではありません


ホウライシダ(A. capillus-veneris L.)
日本を含む、世界中に自生のあるアジアンタムの仲間。栽培されることもありますが、野生化して勝手に生えてくることも多いです。環境が合えばとても丈夫で、寒さにも強いです



ペルビアナム(A. peruvianum)
大型の葉をつけるものの中では見かける機会が多い種。それでも一般的とは言いがたいです

アジアンタムの個人的な印象

オススメ度:50%
姿は美しいですが、環境によって栽培難易度に違いが出ます。湿度が常に低いような環境なら他の植物を選んだ方が無難です

コメント

  • 岩や石垣などに着生するホウライシダの自生の姿を見れば、土に植えつけ鉢植えにするという育て方自体が、やや無理のある方法なのかもしれません

戻ります