本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

由志園(ゆうしえん)






島根県松江市にある日本庭園。1970年から造成が開始された比較的新しい庭園ながら、美しさ・規模共に高いレベルにあります。庭園はボタン苗の生産が全国一位である中海の大根島にあり、花の目玉もボタンになっています。特に、池にボタンの花を浮かべる池泉牡丹で有名です。
一方で、苔や新緑、紅葉など日本庭園自体も見どころが多いです

園内地図(クリックすると大きくなります)


2つの大きな池を中心とした池泉回遊式の日本庭園。中海や宍道湖、奥出雲の渓谷など、出雲や大根島の風景を模した作庭が特徴です

出入口の長屋門


高麗人参の製造販売などを担った公的施設である、人蔘方役所の長屋門を復元した出入口。今は栽培地が減少しましたが、大根島はボタンとともに高麗人参の栽培も盛んでした

受付を出てすぐ


建物内の受付を経て、屋外に出ると、松が植えられた広い空間に出ます。ここでは、期間限定で水に浮かぶボタンが見られます。季節によりダリアなど別の花が見られることもあります

州浜と池泉


中海を模したという池に、期間限定でボタンやダリアが浮かびます。ボリュームがすごいです

築山


大根島から中海越しに見た大山の稜線を模した築山があります。ツツジの咲く時期は綺麗で、ボタンが池に浮かぶ頃は背景になります

食事処や料亭


日本庭園に合わせた和風の建物が並びます

紅葉橋


橋からはボタンが浮かぶ池が望めます

二季咲き牡丹園


春と冬に咲く二季咲きのボタンが見られます。一季咲きのボタンに比べ、冬にも咲く分、春のボタンは開花が穏やかな印象です

雌滝付近


小さな滝がある庭。蛇行した水の流れもあり雰囲気がよいです。
また、この周辺は苔や樹木が綺麗で、特に苔の管理状態のよさに目が行きます

梅恵橋


石橋の上から池が眺められます。開けるところと、陰るところのバランスが良いです

牡丹の館


入れ替えや栽培管理により一年中、ボタンの花が見られる建物。
季節によっては、より豪華な企画展が行われていることもあります

牡丹庭園


ボタンがたくさん植えられた庭。最新品種から古典品種まで、様々な品種が見られます。
開花期以外はこのエリアに入れないこともあります

牡丹庭園のシャクヤク


ボタンによく似た、シャクヤクの花も見られます。
こちらもボリューム、品種数ともにかなりのものです

やまぼうし(売店)


売店の建物の横を通ります。散策の合間に建物を挟むのが、この庭園の特徴です。普通であれば興ざめになりかねないですが、建物を和風にして雰囲気を壊さないことで、違和感を少なくしています

朱橋


宍道湖を模した池に架かる朱色の橋。紅葉や新緑が周囲を彩ります。
朱橋の上からは、池の奥の渓谷が眺められます

翠柳庵と、周囲の景色


東屋で腰かけながら庭園の景色を眺められます。
また、手前には水の流れがあり、ツツジが咲く時期は特に綺麗です

奥出雲の渓谷と、竜渓滝


朱橋を渡り右手に行くと、細い道から渓谷に沿って歩くことができます。
渓谷をさかのぼった一番奥には、大きな竜渓滝が見られます

シャクナゲと、ツツジの刈り込みもの


ボタンが咲くころは、同時にシャクナゲの花が見られます。ツツジの刈り込み物も見事です

枯山水庭園


東屋があり、ゆっくり腰かけながら枯山水の庭を眺められます

溶岩庭園付近


ごつごつした自然石の溶岩を組み合わせた庭園。火山でできた大根島にちなんでいます。
シダなど着生するタイプの植物が多くみられます

雲州人参ミュージアムと、喫茶店


再度、建物内に入ります。雲州人参(高麗人参)の産地である大根島の歴史が展示されています。
池側は喫茶店になっており、庭園を眺めながら軽飲食が楽しめます

場所 島根県松江市八束町波入
交通 ■公共交通機関
JR「松江」駅から路線バスで約50分
■車
山陰自動車道「米子IC」より約40分
松江だんだん道「西尾IC」より約15分
駐車場あり(無料)
※駐車台数は比較的多い
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.yuushien.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★★ ★☆ ★★★★☆
池泉に浮かべるボタンの花でよく知られる庭園ですが、ボタンの花木もたくさん植栽されており、開花期は見ごたえがあります。また、日本庭園部分も美しく、新緑や紅葉、苔など、ボタンが咲いていない時期でも十分楽しめます。
特に、苔の管理状態は素晴らしく、管理者の意識の高さがうかがえます。また、苔の生育に適した溶岩が多い、火山島である大根島の環境も影響しているのかもしれません。
ただ、一度はボタンの時期に訪れたいです。同時にツツジやシャクナゲ、フジの花などが見られ、園内が一番華やかになります。
ボタンの開花最盛期と、ボタンの花が池に浮かぶ時期は多少ズレがあります。ボタンの開花最盛期の方が少し早いので、どちらを重視するかで訪問する時期を選ぶとよいでしょう。
池にボタンの花が浮かぶ時期は大型連休が重なり、団体客も多くかなり混雑します。それ以外の時期も、ダリアが池に浮かぶ時期など、イベントがある場合は比較的混雑することが多いです。
管理状態は非常に良好。管理者の印象も良好です。
交通の便は、公共交通機関の場合、松江駅から路線バスの便があります。ただ、以前あった松江と境港間のシャトルバスは廃止され、やや悪い評価。不便な場所にあるため、大型イベント期間中は臨時シャトルバスを出す等、何かしらの対応が欲しい気がします。
車の場合、広い駐車場があり、開花最盛期も困らないでしょう。シャトルバス中止の件もあり、基本的には車で来る場所です。ちなみに境港側から来ると、ベタ踏み坂の別名で有名な江島大橋を渡ります。
注目の花:ボタン、シャクナゲ、ツツジ、コケ、カエデ(新緑・紅葉)

戻ります