本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

瑞泉寺






神奈川県鎌倉市にある寺院。狭い谷の最奥にあり、観光客の絶えない鎌倉としては閑静な境内で、季節の花が咲く「花の寺」の別名で有名です。また、寺院の奥にある夢窓疎石(国師)作庭とされる瑞泉寺庭園も見所があります

バス停から拝観受付へ


大塔宮バス停から瑞泉寺に向かいます。小さな谷状の道が徐々に狭くなり、途中にある総門をくぐるとすぐ拝観受付があります

梅林


拝観受付の左手は梅林になっています。まとまって植えられているのでボリュームがあります。その他の季節もスイセンやアジサイ、ムクゲ、ハギなどが咲きます

参道の石段


参道の石段を上がっていきます。途中でよく整備された新しい階段と、雰囲気が良い古い階段の二手に分かれます。古い階段は石が擦り切れて歩きづらいので、通常は新しい階段を使ったほうがよいでしょう。特に下りで使うのは危ないです

山門


石段を上ると山門にたどり着きます。周囲を樹木に囲まれ、季節によって異なる景色を見せてくれます。特に晩秋の紅葉する時期は風情があります

前庭


山門をくぐると前庭が広がります。鶴亀の石庭になっています。秋に咲くシュウメイギクが見所

本堂


山を背景にした銅葺き屋根が美しい本堂。周囲には白いフヨウやウメなどが咲きます

本堂前の花とオウバイ


本堂前にも花木が植えられています。注目は本堂正面左手にある薄黄色の花をつけるのは黄梅(オウバイ)。江戸時代から知られているウメの品種です

瑞泉寺庭園1


本堂の奥に造られた庭園。自然の岩盤に修行のための洞をくりぬき、手前に池を配しています。さらに東側には坐禅のための窟(いわや)と小さな滝があります。西側には二つの橋がかかっています。庭園はさらに橋の奥に続いていますが、残念ながら非公開になっています。
この特異な作庭は禅宗(臨済宗)の影響を強く感じさせます

瑞泉寺庭園2


季節ごとに様々な表情が見られます。また、庭園手前には四季折々の花が植栽されています

場所 神奈川県鎌倉市二階堂
交通 電車:
JR・江ノ電「鎌倉」駅からバスで大塔宮下車、徒歩約10分
車:
横浜横須賀道路「朝比奈IC」より20分
駐車場あり
※駐車場はありますが途中の道が非常に狭いです。公共交通機関利用推奨
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL http://www.kamakura-zuisenji.or.jp/about/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★☆ ★★☆ ★★★☆
鎌倉は寺社としての見所は多いものの、花の名所や庭園はこじんまりしたものが多くじっくり観賞できる所は少ないですが、瑞泉寺はその貴重な一つといえます。また、花が綺麗でも混雑が激しい鎌倉の他の有名寺社とは異なり、静かな雰囲気が味わえるのも魅力です。
晩秋の紅葉が見所ですが、紅葉最盛期は非常に遅く12月に入ってもまだ見頃でない年も多いです。ウメやフヨウなども含め他の花名所に比べ全体的に見頃が遅めなので、ネットやSNSなどで情報を収集するとよいでしょう。
園内はやや広いです。晩秋の紅葉の時期はやや混雑しますが、それ以外の時期はそれほど混雑感はありません。
ゆっくり回って45分程度。庭園はよく管理されています。
交通の便は、駅からバスで行く必要がありますがバスの本数は多いです。バスからの道も雰囲気が良く、途中の永福寺跡の広場で休憩もできます。
駐車場はありますが、途中の道が非常に狭く車で行くことはお勧めしません。また、観光シーズンは周辺道路が渋滞しやすいので注意。
注目の花:ウメ、新緑、アジサイ フヨウ、ヒガンバナ、シュウメイギク、紅葉

戻ります