本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

夢の島熱帯植物館





ゴミの埋め立て処分場の跡地にできた夢の島公園内にあり、3つのガラスのドームを合わせて内部の大空間を作っています。展示は温室らしく熱帯の植物がメインです。どちらかといえば、ランのような美しい花より珍しい植物をメインに扱っています

向かって右からA・B・Cドーム


大温室はA・B・C 3つのドームに分かれ、展示内容が少し異なりますが大まかな区切です。全体的なデザインは熱帯植物で共通しており、展示間の違和感はありません

ホール付近


入り口からエントランスあたりは地味な雰囲気です。廊下が大温室の入り口まで続いており、映像ホールやトイレなどがあります

清掃工場の余熱を利用しています


大温室の暖房エネルギーは清掃工場のゴミ燃焼の際に出る熱を利用しています。エコの側面もあり、社会科見学にもよく使われているようです

目に飛び込んでくる池と滝


大温室の入り口を抜けるといきなり滝があります。さらに目を上に向けると大空間が…。エントランスの地味な空間はこのギャップのためだったのかもしれません

水による演出


演出のメインは水の流れで、滝や池、清流、小さな流れになったりと飽きさせません。植物もそれに合うように配置されています

エキゾチックな植物たち


熱帯の植物が所狭しと植栽されており、普段目にすることのない奇抜な植物が展示されています。美しい花もありますが、どちらかといえば珍しい植物主体です。写真はゾウタケとレッドジンジャー

うっそうとした雰囲気と大空間


温室内はとても植物が多くて、うっそうとしている部分もあります。ただ、天井は高くて圧迫感はありません

とんとん橋と、橋から池を見下ろした景色


川のようになった流れの場所に橋がかけられています。奥に見えるのは喫茶室。おもわず喫茶室に入ってみたくなる楽しい演出です

大温室のラストを飾るオウギバショウ


旅人の木とも呼ばれるオウギバショウ。雄大に葉を左右に広げています。大温室の天井の高さが生かされています

食虫植物温室


大温室を出て左手にある小さな温室。小さくデリケートな種類の多い食虫植物が飾られています。右手はこじんまりとした屋上庭園になっています

情報ギャラリー


映像や標本などを見ながら植物の知識が学べます。イベント時には展示会場になることもあります

イベントホール


温室のようになっているホールは明るくて休憩にぴったりです。時には各種展示イベントやコンサートなどが行われます

喫茶室と売店


喫茶室は軽食や熱帯フルーツのジュースなどが味わえます。売店は少しこじんまりとしていますが、手頃な値段のものが多いです

屋外の花壇と、ハーブ園


入り口を出てもまだ帰るのは早いです。左右にも熱帯植物やスイレン池、花壇、ハーブ園などがあり季節ごとに楽しめます。植物好きなら目を通しておきましょう

第五福竜丸展示館


夢の島公園には運動場やヨットハーバーなどがありますが、一度ぜひ訪れたいのがここ。水爆実験の被害にあった船の資料を集めています。入館料は無料です

場所 東京都江東区夢の島
夢の島公園内の奥まった場所にあります
交通 電車:
JR京葉線・地下鉄有楽町線「新木場」より徒歩15分
地下鉄東西線「東陽町」よりバス
車:
首都高速湾岸線「新木場IC」より約10分
駐車台数約450台(有料)
入場料 大人250円 65歳以上120円 中学生100円
開園時間 9:30〜17:00(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日振替)、年末年始
URL http://www.yumenoshima.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★ ★★ ★★★ ★★★☆
大温室は小さく区切らず大空間を惜しげもなく使っているところに好感が持てます。また、無理にきれいに飾るのではなく植物の自然な姿を見せています。美しいというよりも珍しい植物が多いです
公営施設なので入場料金が安いのはありがたいです
都内なので交通の便は非常によいです。新木場駅からの歩きも、公園内が大半なので苦になりません。また区内にしては駐車場も広くアクセスもしやすいので車で来ることも問題ありません
注目の花:熱帯の花各種

戻ります