本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

谷津バラ園





習志野市の谷津公園内にあるバラ園。以前は別の場所にあったり、閉鎖の危機を迎えたこともあったそうですが、今では習志野市の花の名所として親しまれています

園内の地図(クリックすると拡大します)


こじんまりとした園内の中で、とにかくバラにしぼった展示をしています

谷津バラ園入口


明るい雰囲気の管理棟と入場ゲート。オレンジ瓦に白壁で地中海風のイメージです。また、外周部分にソテツやシュロなどの樹木が植えられており、南国風の雰囲気でまとめられています

全体風景


ゆっくり見回って1時間程度と狭めですが、開花最盛期はまさにバラで覆いつくされます。
周辺はマンションが近くまで建っているものの、景観が統一されているのであまり気になりません

古典的な整形庭園風の園内


園内は噴水や刈りこみもの、彫刻などを配したフランス式整形庭園風。好みは分かれそうですが、バラにはよく合っていると思います

バラの花畑


品種別に豊富な種類のバラを見ることができます。春の最盛期はまさにバラで溢れかえり、目がくらくらします

バラのパーゴラとトンネル


ツルバラはアーチやパーゴラ、フェンスに這わせて育てています。開花最盛期は美しい通り道になり、日差しが強いときの休憩にも向いています

香りの庭、池のあるエリア


コンセプトガーデンは香りの庭を除いてすべて開かれた場所にあります。園が狭いので変に細かく区切らない配植というのは正解だと思います

谷津干潟


谷津干潟自然観察センターと、センタ−から見た谷津干潟。ラムサール条約登録地で渡り鳥の飛来地です。中央奥の緑がバラ園のある谷津公園。距離は遊歩道を歩いて15〜20分くらいです。
谷津干潟の鳥の数は冬が一番多くなります。バラ園のバラ開花最盛期には合わないため、鳥を観察するというよりは、干潟の自然景観を楽しむつもりで訪れるとよいでしょう

場所 千葉県習志野市谷津
交通 ■公共交通機関
京成電鉄「京成谷津」駅より徒歩5分
JR総武線「津田沼」駅から谷津干潟駅行きバス「谷津南小前」下車徒歩3分
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
HP http://www.yatsu-rosegarden.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★ ★★☆ ★★★ ★★★
バラ好きさんにはとても良い所です。どこを向いてもバラがあるといった感じで園内も見通しがよくてわかりやすく、お目当ての品種も歩いていればそのうち見られます。バラは種類や数とも園内の大きさの割にとても多いです。ただ、ガーデンとしてみた場合、幾何学の整形デザインは好みが分かれるところではあります。
必ずホームページなどで開花時期をチェックしてから出かけましょう。バラが咲いていないと、ハッキリ言っておもしろくありません。バラの開花時期でないと噴水も止まっています(汗)。
駐車場は狭く、花どきは間違いなく混むので電車で訪れましょう。
駅から歩くと雰囲気の良い谷津の商店街があるので、食事はそちらでどうぞ。バラの咲く時期は園外の公園に出店も出ます。
注目の花:バラ各種

戻ります