本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

上野東照宮ぼたん苑




上野東照宮の敷地内にあるボタン園。整形になった庭と園路は変化が少ないですが、その分迷うことなく花を近くで見られる良さがあります

入口と券売所


入口の券売所。ここで入園料を払います。東照宮社殿とのセット券も販売されています

入口すぐのエリア


園内は地図のいらない片道のジグザグ路。道は広めなので歩きやすいです。入口すぐは季節の飾りなどもあったりで良い雰囲気。庭園風になっており小振りなボタンが植えられています

石楠花エリア


ボタンと花期が重なるシャクナゲが植えられたコーナー。他にもボタンの開花期に合わせ和風の花を中心に様々な花木や草花が植えられています

ボタン花壇(春ボタン時)


ボタンは原種や中国、海外品種などのエリアで分かれていますが、観賞の上で意識することはあまりありません。気に入った品種をじっくり観賞するとよいでしょう。春ボタンは本来の開花期に咲かせた一期咲き種がメイン。見頃は短いですが最盛期は豪華です

ボタン花壇(冬ボタン時)


藁囲いで保護された冬ボタンも風情があります。ちなみに「冬ボタン」は、本来は春に咲くボタンを温度調整によって冬に開花させてるものをいいます。春ボタンのような量感はありませんが、寒い時期に花が咲くので見頃が長いのが特徴

寒ボタン


冬ボタンとは別に、早春と初冬に咲く二期咲き種が、冬の寒い時期に咲かせたものを「寒ボタン」と呼びます。こちらはほんの少しの株しか展示されておらず、実際の開花を見るのも運が必要です。写真は戸川寒という品種で、運悪く開きかけです

各所に設けられた縁台


園内はそれほど広くはありませんが、各所に縁台が設けられて休めるようになっています

俳句所と、句が書かれた立札


様々な句が読まれたボタンにちなんで俳句所が設けられています。また園内各所に句が書かれた立札が立っています。「牡丹散りて打ち重なりぬ二三片」(蕪村)

お休み処(売店)


甘酒など和風の軽食やお土産が頼める売店。縁台に座り五重塔を見ながら休憩できます

日本庭園


枯山水の日本庭園。適度にボタンや花木が植えられています。五重塔を背景にした景色はフォトジェニックです

上野東照宮


出口のすぐ左手には上野東照宮の唐門があります。参拝していくとよいでしょう。内部にある社殿を見るには拝観料が必要です(いずれも重要文化財)

場所 東京都台東区上野公園
上野公園の上野東照宮内にあります
交通 電車:
JR「上野」 徒歩5分
京成電鉄「京成上野」 徒歩5分
メトロ千代田線「根津」 徒歩10分
※専用の駐車場はありません
入場料 一般:700円 社殿共通券:1100円
(小学生以下は無料)
開園時間 ■春ぼたん祭
9:00〜17:00(最終入苑)
■冬ぼたん
9:00〜16:30(最終入苑)
各期間は公式HPで要確認
休館日 ボタン開花期以外は全休
URL http://www.uenotoshogu.com/
からぼたん苑のページへ
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★ ★★☆ ★★★ ★★★
園内はそれほど広くはなく、園路もほぼ片道一直線で変化も少ないですが、その分ボタンを近くで集中して見ることができます。管理状態は良好で、花がら摘みなども行き届いているのは好感がもてます
園内が狭いためやや混雑しますが、園路が一方通行に近いためそれほど混雑感はありません。花の背景が垣根になっていて、人が花の後ろを通っても気にならないのもポイントだと思います
敷地内にある上野東照宮はもちろん、上野公園内の動物園や博物館、美術館などを訪れれば一日楽しめるでしょう。ただ、連休中などはひどく混むので注意
都内なので交通の便はとてもよいです。専用の駐車場はありませんが、事情がなければ車で来るような場所ではないでしょう
注目の花:ボタン

戻ります