本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

東京都庭園美術館&自然教育園

東京都庭園美術館はアールデコ調の室内装飾を鑑賞できるモダニズム風建築の美術館があり、建物とは別に日本庭園や西洋庭園などもあって庭園のみでも楽しめます。また、美術館に隣接して自然教育園という広大な自然緑地があり、こちらは国立科学博物館の付属施設となっています。2つはセットで観賞すると良いと思います

東京都庭園美術館




園内のマップ(クリックすると拡大します)


大きく美術館と庭園に分かれた園内。庭園だけの設定で低料金で入ることもできます

美術館入口付近


美術館の入口。ここ入館料を払います

プロムナード


美術館へ向かう導入路。樹木に囲まれた別世界が広がります。春のサクラや、晩秋の紅葉の時期が特に綺麗です

モダニズム風の美術館と、新館


内部は別料金ですが、アールデコ調の家具や造作を見ることができます。また、本館の後ろに新館が加わり展示スペースがかなり大きくなりました

芝庭


美術館の向かって左側に庭園への入り口があり、入るとすぐ開放感のある芝庭が広がります

日本庭園


池と茶室のある日本庭園。それほど広くはありませんが、起伏があり変化が多いです。モミジが多く新緑や紅葉時は綺麗です

茶室「光華」


日本庭園にある茶室。天井が高く開放的な作りが特徴です。椅子式の茶席である立礼席から中を見学することもできます

西洋庭園


西洋庭園だそうですが、現在の日本人の目線で言えばいわゆる公園然としています。芝庭を緑が囲う空間で、のんびり寛いでいる人々の姿が見られます

場所 東京都港区白金台
交通 電車:
JR山手線「目黒」駅より徒歩7分
都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅より徒歩9分
車:
首都高速2号線「目黒」出口すぐそば
駐車場あり(有料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
HP http://www.teien-art-museum.ne.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★☆ ★★★ ★★☆
庭園部分は日本庭園以外それほど見所が多くありません。日本庭園はモミジが多く、新緑や紅葉時は見ごたえがあります。
美術館はアール・デコ様式の本館そのものが興味深く、入館料が必要になりますが一度は鑑賞してみるとよいでしょう。新館ができたことで、様々な展覧会も開かれるようになっています。
山手線内なので交通の便は非常に良いです。車で訪れる必要がある場所ではありませんし、駐車場はありますが料金が高いです。詳しくは公式HPを参照のこと
注目の花:新緑、紅葉

自然教育園




様々な遍歴を経て奇跡的に残された山手線内に残る大きな自然緑地。国立科学博物館付属のため学術色が濃く花はやや少なめながらも、大きな樹木や自然な雰囲気を楽しめます

園内のマップ(クリックすると拡大します)


枝道が少なく分かりやすいので迷うことはないでしょう。一応順路(管理棟→路傍植物園→水生植物園→武蔵野植物園→森の小道→水鳥の沼→管理棟)はありますがはっきりしたものではありません。今回は順路通り紹介します。土の道は足に優しく幅広い道で歩きやすいです

入口付近・教育管理棟


展示やミュージアムショップのある教育管理棟が入園口を兼ねています

路傍植物園


まずは庭園美術館と同じく一直線に奥に向かう園路を歩きます。木々たちの存在感はこちらのほうが上で「鬱蒼とした」印象。左右は路傍植物園になっており野草を観賞しながら進むことができます

物語の松とひょうたん池


江戸時代の下屋敷時代の名残の松とひょうたん池。他に遺構として館跡や土塁があります。以前は回遊式庭園であったと考えられているそうです。この周辺はモミジが綺麗

水生植物園


水生植物園にはハナショウブやカキツバタなどが植えられ、メダカや亀の姿を見ることもできます。開けた場所なので休憩にも向いています

武蔵野植物園


武蔵野の雑木林に生育している樹木や野草が植栽されています。他の林に比べ落葉樹が多いので明るい印象です

森の小道


鳥の鳴き声がよく聞かれる森の中の道。途中で湿地を望める場所があります。一部、道がやや狭いところがあり夏は無理に通らないほうが良いかもしれません

水鳥の沼


森に囲まれた沼。小さいためか名前とは異なりそれほど鳥は多くないです

たくさんの樹木があります


とにかく樹木の量が多く、どれも立派な幹をしています。なるべく手を加えず自然なままに保とうとしているのがわかります

「自然」なので…


自然一杯の空間ですが、それだけに鳥のフン、ケムシ、ハチや木の根など気をつけなければならないこともあります。ここは普通のフラワーパークやガーデンとは趣がまるっきり異なります。大げさな装備はいりませんが服装や足回りは考えておきましょう。また、自然保護の観点から混雑時は入場制限を行う場合があります

場所 東京都港区白金台
交通 電車:
JR山手線・東急目黒線「目黒」駅より徒歩9分
都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅より徒歩7分)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
※庭園美術館と休日が異なるので注意
HP http://www.ins.kahaku.go.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★☆ ★★★ ★★★
山手線内とは思えない緑にあふれた空間。しかも、それが自然に近い形で保たれているのですから貴重です。
サクラの咲く春など季節によっては花も楽しめますが、美しいガーデンを求めている方にはあまり向いていません。
野山を歩く感覚に近いので服装や足回りは万全にしましょう。帽子とズボンにスニーカー推奨です。
園内は広いですが、そこは都内なのでやや混雑します。
山手線内なので交通の便が良く、車で訪れる場所ではないでしょう
注目の花:樹木、野草

戻ります