本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

多摩森林科学園






高尾駅の北側の徒歩圏にある樹木園。学術研究のための施設ですが一般にも開放されています
特にサクラのシーズンになると、それを目当てにたくさんの人が足を運びます

入園口

まるで学校の入り口のような入園口
ソメイヨシノやヤマザクラの最盛期は高尾駅から歩く行列ができるほどに混雑します

森の科学館

入り口すぐに立つ、これまた昔の学校のような森の科学館。中には様々な森の資料や写真が飾られており、ここで事前に知識を得ておくのもよいかも。園路はこの建物の右側に続いています

案内図(クリックすると大きくなります)

園内は普段は順路はないのですが、サクラの咲く時期は係員の指示通りの順路を進みます(夫婦坂→仲通り→見返り通り→遠見通り→彼岸通りのルート、年により異なる場合あり)今回はこのルートで紹介します。一部区間は一方通行になるので注意しましょう

まずは第2樹木園を通り抜ける

サクラが咲く園地に向かう際に第2樹木園を通り抜けます。いきなりのサクラ!ではなく、まず園の雰囲気を感じさせてくれる構成は奥ゆかしさがあります。後述の通り、樹木の下にはスミレ他の草花も多くみられます

夫婦坂・釣舟草通り・柳沢林道分岐点周辺

第2樹木園の林の中の道を歩き終えると分岐に辿り着きます。案内板やトイレがあるのでここで準備を整えるとよいでしょう。サクラの最盛期には係員が立ち、歩く方向の指示をうけます

夫婦坂周辺

階段状のきつい傾斜ですが、短いのでゆっくり行けば大丈夫です。また傾斜の緩い迂回路もあります。早速、たくさんの種類のサクラが出迎えてくれます

仲通り周辺

山の斜面の中腹を巻くように進みます。眺めが良く、歩いていて楽しくなる道です

関山ベンチ

園内にはいくつか休憩スペースがありますが、特にこの段々状になった関山ベンチは広くてサクラも美しいのでたくさんの人が休んでいます。園内は酒類の持込や宴会が禁止されており、そのぶん静かに観賞出来ます。飲み物や弁当の持込は許されているのでピクニックのような感じで楽しめます

見返り通り

見返り通りは美しいサクラのトンネルになっています
歩くスピードもつい緩やかになってしまいます

見返り通り付近の遠景

高尾や八王子の町が見下ろせます。このあたりが一番見晴らしがよいです

関山ベンチ上部

回り込んで上記の休憩スペースの上側に出ます。サクラの美しいポイントのひとつです
順路が二手に分かれますが、効率よく見たいならまずは昭和林道に向かいます

昭和林道

サクラも綺麗で眺めもよい昭和林道。関山ベンチが混んでいるときはこのあたりで休憩するのがオススメ。ただ、このまま昭和林道を先に進むと入口に戻ってしまうので、一旦関山ベンチ上部まで引き返しましょう

遠見通り付近。山道のような園路を歩く

意外と高度感のある道ですが、手すりがあるので安全です
サクラと新緑が美しいです。また、少なめですがウメの花も見られます

里桜園

美術館の庭園のような広場がありサクラが美しいです。所々に開放的な空間があるのがよいところだと思います。ここにも分岐があり、一方通行の彼岸通りに向かいます

彼岸通り


対面に植えられたサクラが美しい彼岸通り。少し狭い道ですが一方通行なので問題ありません
園の係員の方がオススメというとおり、最後には美しい景色が眺められます。4月上旬のサクラがよく目立つ時期も良いのですが、4月中旬以降の新緑交じりの景色もまた良いです

夫婦坂との分岐付近に戻ってきました

ぐるっと一周してきたことになります。あとは一方通行に注意しながら戻るだけです。まだ余力があれば柳沢林道を少しさかのぼってみたり、各樹木園を巡ってみるのも良いと思います。園内の道は横道が少ないので、各分岐に進むときはよく確認しましょう

スミレが多い

高尾山はスミレの花が多いことで有名ですが、すぐそばにある多摩森林科学園でもスミレの姿をいくつか観賞できます。開花期3〜5月なのでサクラと同時に楽しめるのが良い点。特に第2樹木園や釣舟草通りでよく見られます

第1樹木園のイカリソウと、ニリンソウ

サクラの咲いていない季節も野花や新緑、生き物たちを観察できて楽しいと思いますが、初めて訪れる場合はやはりサクラの季節をお勧めします。春は花の綺麗な山野草も見られます

場所 東京都八王子市廿里町
交通 電車
JR高尾駅北口から徒歩10分
※駐車場はありません
入場料 3・5月:大人300円 子供(高校生まで)50円
4月:大人400円 子供150円
開園時間 9:30〜15:30(閉門16:00)
4月は9:00開園
休館日 毎週月曜日(祝日振替)
年末年始(12月26〜1月15日まで)
4月は無休
URL http://www.ffpri-tmk.affrc.go.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★☆ ★★★ ★★★ ★★★★☆
自然公園的な趣ですがサクラの季節は賑やかで華やかになります。しかし、酒類の持込や宴会は禁止されているので比較的静かに花を楽しめるのはありがたいです
単純なボリュームだけならサクラの有名な公園や並木道の方が迫力があるかもしれませんが、ここの素晴らしさは自然な雰囲気の中で咲いていることにあります。ぜひ周りの環境を含めて眺めてみてください
保存林というだけあってサクラの種類が豊富で長期間楽しめます。個人的にはソメイヨシノが見頃を過ぎた後の一週間ぐらいが一番綺麗だと思います。4月上旬〜中旬は大変混雑するので、それを避けて4月下旬の遅咲きのサクラと新緑を見るのも楽しいです
サクラの咲いてない季節も、園内は樹木や生き物が豊富なので人によっては楽しめると思います。学術施設だけあって展示等は比較的硬派な印象で俗っぽさはありません
施設の駐車場はありませんが、駅から歩いていけるので交通の便はよいです。近隣に有料駐車場があるので事前に確認して出かけるのもありです
  ○2017年3月中旬の様子
カンザクラやカワヅザクラ程度で園内はまだまだ冬の装い。ただ、ウメが満開でスミレも咲き出し、確かな春の足音が聞こえました
彼岸通りが土砂崩れのため通行不能になって迂回路が設けられています。今年のサクラ最盛期まで復旧するかは微妙なところです
 ○2016年4月中旬の様子
ソメイヨシノは葉桜になっていますが、一部の一重咲きのサクラはまだ咲いています。今年は開花が早く遅咲きのサクラはすでに見頃はじめ。新緑も美しかったです。やや混雑していますが気になる程ではありません 
○2014年4月中旬の様子
園のメインのエドヒガン×オオシマザクラ系が満開でとても綺麗でした
ソメイヨシノは散り始め。八重桜はまだ蕾です
個人的にはこの頃が一番綺麗な時期だと思います 
注目の花:サクラ各種 樹木、山野草

戻ります