本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

東武トレジャーガーデン






群馬県館林にある東武グループが運営するガーデン。様々な改称を経て現在の名称に変わっています。シバザクラに代表される大規模な花畑と、バラを中心としたデザインされた庭園の2つの要素を持つガーデンです。近くには分福茶釜で有名な茂林寺(もりんじ)があります

エントランス


チケット売り場を兼ねたエントランス。英国風のレンガ造りの建物です

ロングボーダーガーデン


左右に宿根草や花木を配した、延べ1000mというとても長いボーダーガーデン

ローズガーデン その1


バラをテーマに7つのシーンが展開されているローズガーデン。エントランスからバラのアーチまでの直線はボーダーガーデンと一体になった造りになっています

ローズガーデン その2


レンガウォールに囲まれたガーデン。ウォール内部は自然風の池と、ブルー系のバラや宿根草を合わせた個性的なガーデンになっています

ローズガーデン その3


他にも香りのバラやイングリッシュローズ、白バラを中心としたガーデンがあります。各ガーデンの区分けは緩い雰囲気で調和しており、バラバラという感じではありません

ローズガーデン その4


7つのシーンとは別に、園内の各所にバラが植えられています。お気に入りの場所を探してみてはいかがでしょうか

芝桜のガーデン


春にはシバザクラの咲くガーデン。花つき良く綺麗です。タイミングが合えば周囲のソメイヨシノとの共演も楽しめます。共演が見られるのは10年に一度といわれていますが、ソメイヨシノの満開日が遅れる場合は可能性が高まります

シーズナルガーデン


ネモフィラやその他の季節の花が咲くお花畑。シバザクラの最盛期が過ぎたころに見頃を向かえます

スプリングガーデン


春に足元にノースポールやムルチコーレ、上には白やピンクのハナモモが咲くガーデン。木漏れ日の中の気持ちよい散策路です

ヴィクトリアンハウスと、屋外のテラス


レストランやカフェの入るヴィクトリアンハウス。教会ウエディングの際のパーティ等にも使われるだけあってホテルのカフェのようです。逆にいえば気軽には入りにくいので、外のフードテラスでガーデンを見ながら休むのもありかと

聖ペテロ&パウロ教会


ウエディングもできるという立派な教会。ステンドグラスやパイプオルガンのある内部も雰囲気がよいです。ただ、その他のガーデンの景色とは絡んでいないのが残念

ガーデンショップ「Mary's Room」と、土産ショップ「こるり」


教会のそばにあるオリジナルブランドや苗が売られているガーデンショップと、駐車場にある地元のお土産を買えるショップです

茂林寺と、茂林寺沼湿原


茂林寺前駅から歩いていくと分福茶釜で有名な茂林寺があるのでお参りしていくとよいでしょう。たぬきの像や置物がいっぱいです。隣接する茂林寺沼湿原の遊歩道を歩いて行けば自然とガーデンにたどり着けます。要所には案内板もあるので安心です

場所 群馬県館林市堀工町
交通
東北自動車道「館林IC」から車で約10分
駐車場(500台)無料
電車
東武伊勢崎線「茂森寺前」駅より徒歩で約15分
入場料 大人600〜1800円(中学生以上)
小人200〜800円(小学生以上)
※季節により変動あり、公式HPで確認のこと
開園時間 3下旬〜6月:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
10月上旬〜11月上旬:10:00〜16:30(入園は16:00まで)
※季節により変動あり、公式HPで確認のこと
休館日 開園期間中は無休
夏季・冬季は休館(7月〜10月上旬、11月中旬〜3月下旬)
撮影やウエディング等による臨時貸切等あり、公式HPで確認のこと
HP http://treasuregarden.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★★★
ローズガーデンなどのデザインされたガーデンと、大規模に咲く花畑の2つの要素を持つガーデン。有料庭園とフラワーパークのいいとこ取りといった印象です。どっちつかずというわけではなくどちらも美しいです。ただ、デザインされたガーデンはややボリューム不足で、変化も少ない印象は否めません
季節により見ごろの花が異なるのはもちろん、入場料に大きな違いがあるのでHPで確認してから出かけましょう。公式HPで毎日その日の料金を出しています。また、たまにですがウエディング等で貸切になることがあります。同じく確認のこと
フラワーパーク的な大規模な花畑もあるので、一般的な観光客も多くGWやバラ最盛期は混雑します。各花の最盛期に静かに観賞したいなら朝早くや平日に訪れたいです
鉄道会社関係のガーデンの多くは娯楽性や収益性を強く意識したところが多いですが、トレジャーガーデンは雰囲気を壊す要素があまりないのが良いところです。また、他のガーデンと比べると初夏のバラの季節は強気の入場料設定(あしかがフラワーパークのフジの最盛期とほぼ同じ)ですが、他が安すぎるのかもしれず、意見が分かれそうです
交通の便は、駅からお寺経由で遊歩道を歩けるのでよいと思います。ただし、茂林寺前駅は臨時を除いて特急は止まりません
○2017年5月中旬の様子
ローズガーデンのバラや、シーズナルガーデンのネモフィラなどが見頃。特に目当てのバラは綺麗に咲いています。以前とは様変わりした部分が多いものの、ガーデンコンセプト自体はそれほど変化がないように見受けられました。天気は良かったですが、暑いことで有名な館林ということもあり非常に暑い一日でした
注目の花:シバザクラ、リナリア、ネモフィラ、バラ、サクラ、一年草、宿根草

戻ります