本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

相楽園






兵庫県神戸市にある明治時代に造られた池泉回遊式の日本庭園。春に咲くツツジが有名ですが、他に晩秋の紅葉や菊花展、ソテツ園も美しいです

園内の地図(クリックすると拡大します)


メインの池泉回遊式日本庭園部分は園の三分の一程度の大きさですが流れや滝、飛石など景色に変化が多いです。また、移築された旧ハッサム邸や旧小寺家厩舎、蘇鉄園なども見所です。ここでは正面庭園入口から反時計回りで巡る順路で紹介します

正門


立派な総ケヤキづくりの正門。庭園というよりも寺院に入るような威厳があります

受付付近


正門入ってすぐの受付で入園料を払います。入ってすぐは広い通路になっており、菊花展のころは展示会場の一部になります

蘇鉄園


通路の右側は蘇鉄園が広がります。大小さまざまなソテツが植えられていますが、特に受付わきにある古木のソテツが立派です

旧小寺家厩舎


明治後期に建築された大きな厩舎。重要文化財となっています。内部ではイベントが開かれることもあります

旧ハッサム邸


明治後期に建てられた洋館で、昭和38年にここに移築されたものです。こちらも重要文化財となっています。内部の見学が可能です

日本庭園前の広場と、広場からの景色


日本庭園の池と土橋、船屋形などを見渡せる広場。ベンチがありゆっくりできます

土橋


池を渡る土橋。池全体を見渡せます

ツツジの群植


春に咲くツツジは相楽園の大きな見所の一つです。ツツジは園内一円に植えられていますが、特に土橋を渡った先にある群植は見所があります

飛石と、洞窟


池の周囲を巡る道では自然石を使った飛石や石橋、洞窟があります

船屋形


江戸時代に河川での遊覧に使っていた「川御座船(かわござぶね)」の屋形部分だけを陸上げしたものです。昭和55年に移築された建造物ですが、庭園の点景としてすっかり馴染んでいます。漆塗りや金箔の飾りつけなど華麗で繊細な造りとなっています。現存する川御座船としては国内で唯一のものです。重要文化財になっています

浣心亭


池のほとりに建つ茶室。通常は非公開になっています

あずまやと、水の流れ


近くに水の流れがあるあずまや。小高くなっていて周囲の景色を見渡せます

芝生広場


広々とした芝生広場。時期により茶店が開かれ休憩できます。イベント広場になることもあります

場所 兵庫県神戸市中央区中山手通
交通 電車:
神戸市営地下鉄「県庁前」駅より徒歩5分
JR・阪神「元町」駅より徒歩10分
車:
阪神高速3号線「京橋」出入口より約10分
※専用の駐車場なし
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL http://www.sorakuen.com/index.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★☆ ★★★ ★★★★
池泉回遊式の日本庭園部分は池や流れ、船屋形など景色に変化が多く興味深いです。普段は落ち着いた庭園ですが、ツツジや紅葉の最盛期には華やかになり印象もかなり変わります。特にツツジの最盛期は見事です。
管理状態は良好です。
園内はやや狭いですが、オープンスペースがあるのでそれほど混雑感はありません。ただ、併設されている迎賓館のウェディングの撮影などで慌ただしくなることがあります。
庭園だけなら30分程度で観賞できますが、ハッサム邸などを見学したり、ツツジや紅葉の見ごろの時期なら1時間程度は欲しいです。
交通の便は駅から近く非常に良いです。車の場合は専用の駐車場がないので、近隣の有料駐車場を調べて利用する必要があります。せっかく駅からも近いので公共交通機関の利用を推奨します。
注目の花:ツツジ、キク、新緑、紅葉、ソテツ

戻ります