本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

水郷佐原あやめパーク





千葉県香取市にある水生植物園でしたが、リニューアルして現在の名称になり、園の性格も植物園というよりフラワーパーク寄りになりました。ハナショウブやハスの品種がたくさん展示されています
※リニューアル後はまだハスの時期しか行ってません

入口


和風の入口から中には入ります。以前の入口からかなり左側に移動しました

園内地図(画像をクリックすると大きくなります)


園内は比較的狭いですが、ゆっくり見て回るにはちょうどよい大きさ。池を中心にした回遊式で、樹木もシダレヤナギなど水辺のものが多用されています

圧巻のハナショウブ


なんといっても目玉はハナショウブ。400品種150万株ということで種類も数も桁違いです。花の最盛期には圧巻の景色が広がります

シダレヤナギは水辺によく合います


たくさんのハナショウブがありますが、ただ広々と植えこむだけではなく、池やシダレヤナギ、フジなどを効果的に配して全体の雰囲気作りをしています

園内舟めぐり


園内の奥の乗船場から園内めぐりの船に乗ることができます(別料金)

郷土芸能が園内を練り歩く


ハナショウブやハスの開花期にあわせて、土日を中心にイベントが行われています。イベントは嫁入り舟や郷土芸能の披露、物産展など

ハス回廊


ハスも数が多く、約300種の品種を見ることができます。格子状に整備されたハス回廊では間近で珍しく美しいハスを見ることができます。また、園内の池でも蓮の花が見られます

フジのトンネル


長くて立派なフジの花のトンネル。他にもいくつか藤棚があります。花時は美しい姿を見せることでしょう。ただ、ハナショウブ、ハスともに開花期は重なりません

スイレン池


ハナショウブやハスが多い園内ですが、スイレンもたくさん見ることができます。ただ、スイレンは脇役的な位置づけです

ミソハギやアサザの咲く池


上記3つ以外の水生植物はあまり多くありません。カキツバタやアサザ、コウホネ、オニバスが見られる程度です。植物マニアよりも普通の花好き重視の展示です

お似合いの服で花摘み作業中


こういった配慮は大事です。合理的な上に、魅せることもできます

周囲は水郷の里


園から与田浦の景色が見渡せるようになりました。周辺は水路や田んぼが多い長閑な雰囲気です

場所 千葉県香取市扇島
交通 電車:
JR成田線「佐原」からバスで約25分
※ハナショウブ・ハスの開花期はシャトルバスあり
車:
東関東道「佐原香取」ICから約30分
圏央道「神埼」ICから約25分
駐車場約500台(無料)
入場料 あやめ祭り期間
大人800円 小中学生400円
5〜8月(あやめ祭り期間を除く)
大人600円 小中学生300円
その他の月
大人200円 小中学生100円
開園時間 9:00〜16:30
(あやめ・はす祭り期間中は別設定あり)
休館日 月曜日(祝日振り替え)、年末年始
※5〜8月は無休
URL http://www.city.katori.lg.jp/sightseeing/ayamepark/index.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★☆ ★★☆ ★☆ ★★★
見学しやすい大きさの園内で、ハナショウブやハスの見ごたえ十分。花の最盛期に訪れれば失望することはないでしょう。特に最盛期のハナショウブは見事です。ただ、開花最盛期からズレると、そのほかの花が少ないだけにガッカリすることもあるので、その年の開花状況を公式HPやSNSなどでよく確認しましょう
以前はやや歩きづらい部分もあったものの自然な雰囲気が楽しめましたが、リニューアル後は全体的に変化に乏しい園内に変わってしまいました。管理やバリアフリーなどを優先し過ぎているような気がします。利用者が少なく無駄な空間になっている子供の遊び場やドッグラン、アスファルトが目立つハス回廊など、ここに来る目的であろう「花を観賞する」という視点で改善してほしいところです。今のところはリニューアル一年目ということで、全体がなじむのに時間が必要かもしれません
園内には軽食も頼めるカフェがありますが、あやめ祭りの際にはたくさんの出店も出ます
あやめ祭り期間中はとても混雑するので朝早めの到着を。特に土日の混雑はかなりのものです。祭りの期間中は早朝や夕方(要確認)にも開園しているので利用しましょう。はす祭りの方も早朝(HPで要確認)に開園します
交通の便は駅からバスなのでやや悪くなっていますが、開花最盛期はそこそこの頻度でシャトルバスが出ています
注目の花:ハナショウブ、ハス、スイレン、フジ

戻ります