本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

咲くやこの花館






鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」(以下花博)のために建てられた大温室。その資産を受け継ぎ、熱帯植物や高山植物を中心に様々な花を観賞できます。大温室施設としては国内トップクラスの植物の種類と状態の良さ、イベント開催数を誇ります

園内の地図(クリックすると拡大します)


大温室周囲をぐるっと一周しつつ徐々にスロープで二階へ、花回廊の巡りつつ最後にフラワーホールの大空間に出てくる順路。動線的に無駄がなく分かりやすいです

大温室外観と入口


立派な外観の大温室。屋外にある券売所で入園料を払って入口へ

熱帯雨林室


滝や水の流れなどを配して熱帯のジャングルを再現したエリア。ランやヘリコニアなどの花木のほか、シダやタコノキ、マングローブなどがあります

熱帯水生植物コーナーと、ロータスガーデン


熱帯の水生植物が見られるコーナーと、別室空間の熱帯スイレンやオオオニバスなどが栽培されているロータスガーデン

ラフレシアの標本と、熱帯食虫植物コーナー


花博の遺産であるラフレシアの標本。隣の通路には食虫植物が栽培されています

熱帯花木室


ヒスイカズラやブーゲンビレアなど美しい花木のほか、バナナやマンゴー、パパイヤなどの果樹が植栽されています。トックリキワタやパラボラッチョなど興味深い樹木もあります

ハイビスカスワールド


ハイビスカス専用の別室になった温室。周年花を見ることができます。美しい園芸種から、珍しい固有種まで様々なハイビスカスが観賞できます

プチイングリッシュガーデン


外部にある小さな花壇。春から秋には様々な花が見られます。所々に大温室から別空間に出入りできることが、園内の余裕につながっています

乾燥地植物室(サボテン・多肉植物室)


乾燥地に特化した植物やサボテン、多肉植物が植栽されたエリア。立派な幹の乾燥地の植物の他、美しい花サボテンが見所

デザートガーデン


外部のデザートガーデンには、比較的耐寒性のある乾燥地の植物が栽培されています。熱帯の植物のように思われがちなサボテンもあります

高山植物室1


ヒマラヤやチベット、アルプスなどの高山植物を集めたエリア。青いケシのメコノプシスの仲間が目立ちますが、他にも様々な高山植物が咲いています

高山植物室2


花の多さに驚きますが、開花調整でいつでも花が見られるよう工夫しているそうです

花回廊と、フラワーホール


花回廊はフラワーホールを中心にぐるりと一周します。開放感のある空間です。中央のフラワーホールは様々なイベントの会場になります

積極的に開催されるイベント


公式ホームページや、冊子等を見ればわかりますが、毎週のように何かしらのイベントが開かれています。積極的なイベント開催が園内の活気につながっているようです

興味を持たせる工夫


ボードに書かれた注目の花。見頃の花を知らせる印と解説。興味を持たせる創意工夫があります

花の多さと、植物の状態の良さは国内温室トップレベル


植物の入れ替えを行って常に多くの花が見られます(よく見れば鉢植えが上手に岩で隠されているのが分かります)。植物の状態の良さも見逃せません。バックヤードで栽培のプロが大量の植物を育てているのが想像できます。2枚目の写真は開花調整で咲かせた夜咲きのサボテン「大輪柱」

鶴見緑地



施設のある鶴見緑地は広大で、花博が開催されたことでも知られています。花的には風車周辺の大花壇やバラ園、日本庭園のスイレンなどが見所ですが、往時をしのぶ花博の跡地を巡るのもよいでしょう。ただ、跡地の状態はあまり良いものではありません、公園内には様々な施設や、レストラン、売店も点在しています

場所 大阪市鶴見区緑地公園
広大な鶴見緑地の一角にあります
交通 電車:
Osaka Metoro長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅より徒歩約10分
その他の駅からバスの便もあり。詳しくは公式HP参照
車:
近畿自動車道「大東鶴見IC」「門真IC」から約10分
阪神高速守口線「森小路ランプ」から約10分
※専用の駐車場なし。鶴見緑地の駐車場を利用
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.sakuyakonohana.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★★ ★★☆ ★★☆ ★★★ ★★★★★
日本にある大温室の中で規模、植物の種類の多さと状態の良さ、イベントの豊富さなどトップレベルと思われる施設。
花博で展示されていた植物の継承という優位性はありますが、いつ行っても美しい花が見られることや、興味を持たせる工夫をしていることが素晴らしいです。
温室のため季節を問わず楽しめます。ただ、周年にわたって花が見られるのは温室側の努力も大きいと思います(他の大温室施設ではここまでの花を周年見ることは難しい)。
管理状態は良好、スタッフも元気で好感が持てます。
温室としては広いですが相応の混雑感はあります。ただ、園路が広い。順路があり逆行者が少ない。所々にある外部空間やフラワーホールの大空間。広大な鶴見緑地があることもあり、ストレスはそれほどありません。
温室だけならゆっくり回って45分〜1時間程度。ただ、イベントの参加や植物の興味によってはもっと時間が欲しいです。さらに鶴見緑地を一周するなら半日遊ぶつもりでいたほうがよいでしょう。
交通の便は、駅から近く、途中の道も公園内がほとんどなので非常に良いです。最寄駅以外からもバスの便があります。
専用の駐車場がありませんが鶴見緑地の大きな駐車場が使えます。イベント時でもなければ混雑することは少ないでしょう
注目の花:熱帯植物、サボテン、多肉植物、高山植物、ハス

戻ります