本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

大船フラワーセンター





神奈川県鎌倉市にある神奈川県立の植物園。全国有数の規模を誇るシャクヤクの花で有名ですが、それ以外にも見所の多い施設です。リニューアル後に指定管理者をつけ名称を変更し、正式には「日比谷花壇大船フラワーセンター」となっています

園内の地図(クリックすると拡大します)


園内は狭くもなく広くもない、ちょうどよい大きさです。これといった順路はないので興味のあるところから回ってみましょう。今回は入園口から反時計回りで紹介します

入園口を兼ねた本館


こちらで入場料を払って園内へ。建物は案内所や花売店も兼ねています

入口前広場と、シンボルの花時計


入ってすぐは鉢植えの花や花時計などがある広場になっています。今回はここから反時計回りで施設を紹介します

グリーンハウスと芝生広場


温室前はよく整備された芝生広場になっていて、周囲には季節の花が植えられています。芝生広場の後方にドーナツ型の観賞温室があります

温室内部と見所のすいれん室


温室は6室に区切られています。前半はランやハイビスカス他の熱帯の花が多いです。それほど天井は高くないのでヤシのような巨大な植物は少なめ。後半の見所はすいれん室。花との距離が近いのがよいです。ドーナツの中心にあるオーストラリア園もプロテアなどの珍しい花が咲いています

ウメとサクラの並木道


サクラやウメなど花の美しい花木の並木があります。樹の下にはクリスマスローズなどの宿根草や、球根類が植えられています

ショウブ畑


園内を横切るように水路状になった部分にハナショウブが植えられています

シャクヤク園


ここの大きな見所のひとつはシャクヤクです。早ければ5月初めから早咲き種が見頃を向かえ、5月中旬ごろまで楽しめます。シャクヤク園は2か所に分かれており、数も品種も多いです

バラ園


オールドローズやつるバラ、芳香種が多いバラ園。コンパクトな空間ながら花の密度が濃く見ごたえがあります。周囲をつるバラや樹木で囲っているのも良いと思います

玉縄桜(たまなわざくら)


早春に見頃を向かえるのが玉縄桜。大船フラワーセンターで独自に育成した早咲きのサクラで、染井吉野の実生からの改良品種とのこと。寒い時期に咲くため見頃が長いことと、早咲きのサクラの中では珍しい淡いピンクの花が特徴です。写真は立派な原木ですが、園内には他にも十数本植栽されています。最盛期は例年2月下旬〜3月上旬ですが要確認

ピクニックグラウンド


奥にも、もうひとつ芝生広場があります。こちらには藤棚があり、ケヤキやトチノキなどが植えられ、のんびりした空間になっています

展示場


各種イベントが行われている展示場。季節の花が展示されたり、園芸教室が開かれたりします

すいれん池と休憩スペース


スイレンやハスが咲く整形の池。池の側には休憩スペースがあって一休みできます。周囲には一年草や宿根草が植えられ華やかな雰囲気です

レストハウス


飲み物や軽食、ソフトクリームなどが頼めるレストハウス

駐車場はやや狭いです


シャクヤクやバラ、サクラの最盛期の土日祝は混雑します。早立ちするか、電車やバスで来たほうがよいかもしれません

場所 神奈川県鎌倉市岡本
交通 電車:
JR東海道線・横須賀線「大船」駅より徒歩16分
(大船駅からバスもあります)
車:
国道1号線影取交差点大船方面約10分 
駐車場あり(有料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
HP http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f598/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★ ★★ ★★☆ ★★★☆
園内はそれほど広くはないですが凝縮された空間で飽きさせません。特にシャクヤクの咲く5月上旬から、バラやハナショウブの咲く6月下旬までは見所が多いです。他にも、ウメやサクラ、ツツジ、シャクナゲなど季節の花木や、熱帯スイレンやハスなどの水性植物、一年草・宿根草もたくさん植えられてます。よく探せば意外とマニア好みの花や樹木があったりするのも魅力のひとつ。
シャクヤクやバラの最盛期は混雑しますが、オープンスペースも多いのでゆっくりできる場所はあります。
東海道線や横須賀線の停まる大船駅のアクセスは悪くありませんが、駅からやや遠いです。短時間ですがバスで行くのも一考。
注目の花:玉縄桜、シャクヤク、バラ、ボタン、シャクナゲ、ハナショウブ、熱帯・温帯スイレン、ハス、季節の草花や花木各種

戻ります