本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

水戸市植物公園





水戸市の南の郊外にある植物公園。清掃工場の余熱利用施設のひとつとして作られた施設です。植物公園とある通り、一般的な植物園とは異なり憩いの場としての性格を強くもっています

入園料金所


料金所から中に入ります。入り口はここのみ。駐車場にはモミジバフウが植えられ、秋には美しく色づきます

地図(クリックすると大きくなります)


規模は中ぐらいで、のんびり散歩するのにも向いています

オーバーブリッジ


清掃工場に向かう道に架けられた橋を渡って園内にアプローチします。別の空間に入るという雰囲気作りに役立っています

テラスガーデン


水が流れる段状になったテラスに綺麗に花が植えられています。初夏の宿根草や、秋のサルビアの時期はとくに見事です。周囲の樹木の新緑や紅葉も美しい

カツラ並木・小池


園内は公園的な開放感のある部分が多いのが特徴。明るい雰囲気で好感が持てます

観賞大温室(屋外)


清掃工場の予熱を利用した熱帯温室。入り口付近は中庭を絡めた立体的な造りです

観賞大温室(屋内)


天井が高くないので大きな植物は少ないですが、高低差をつけて動線に変化をもたせています

芝生園


観賞温室前の広い芝庭。緩い傾斜があるのでのんびりしたり寝っころがるのに合ってます

緑陰広場


緑陰広場は普段は休憩場になるとともに、季節ごとに様々なイベントが行われています。特に秋のサルビアの展示が見所です

熱帯果樹温室


バナナやグァバといった熱帯の果樹が展示されています。こちらの温室も狭いながらも立体的な導線が特徴。果実を近くで見れるようにするためかもしれません

水戸養命酒薬用ハーブ園


歴史と未来の2つのテーマがある薬草園。歴史のエリアでは水戸藩にまつわる伝統的な薬草を観賞できます。未来のエリアではウッドデッキのある西洋風のハーブガーデンになっています

植物館


盆栽展や多肉植物展など様々な展示が行われています。休憩にもよいでしょう

植物館前の池


植物館前の池にはたくさんの鯉が泳いでいて、エサをねだってきます。周囲に植えられたラクウショウの新緑や紅葉、下草のシャガの群生が見事です

ロックガーデンとあずまや


コニファーの植えられたロックガーデンと、変わった形のあずまやがあります。このあたりは小高くなっているので開放感があります

湿生花園


カキツバタなどの湿地植物の植えられたエリア。奥には展望休憩舎があります。ラクウショウなどの湿地に強い樹木が雰囲気作りに一役買っています

広葉樹と宿根草のハーモニー


園内は広葉樹が多く、その下にはギボウシやクリスマスローズなどの宿根草が植えられています。余裕のある植栽は植物本位のガーデンを強く意識させてくれます

花の売店


緑陰広場には売店や喫茶店があり、軽食や飲み物、イベントの花などを求めることができます

場所 茨城県水戸市小吹町
交通
常磐自動車道「水戸IC」より約15分
電車
常磐線「水戸」からバスで約25分+徒歩15分
入場料 大人300円 小・中学生150円
休館日 毎週月曜日(祝日または振替休日のときは翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:00まで)
URL http://www.mito-botanical-park.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★☆ ★☆ ★★★★☆
植物「公園」なので、家族連れに向いていると思いきや、サルビアにこだわった展示があったり、園内・施設も変化が多くて楽しかったりと、花・植物好きさんも十分に楽しめる施設だと思います
自然な落ち着いた植栽と、整った美しい植栽が両立した園内。テーマガーデン同士のつながりも導線に余裕があり、違和感がありません。樹木の使い方もよいと思います。大きな花壇や花木園があるわけではありませんが個人的にお勧めです
園の性格上、珍しい植物はそれほど多くないですが、その分、余裕を持った植栽がされているように感じました。全体的に綺麗に管理されているのも好ましいです
車前提といった立地で交通の便はよくありません。清掃工場の余熱利用施設として造られたので仕方ないのでしょう。最寄のバス停から公園まで15分ほどかかります。園の反対側にも入口があればと思いますが現状は厳しいかもしれません
注目の花:各種草花・山野草、サルビア、クリスマスローズ、ラクウショウなど

戻ります