本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

御船山楽園






御船山楽園は佐賀県武雄市にある回遊式庭園。武雄領主であった鍋島茂義が造った萩の尾園という別邸の庭園を基礎とし、明治以後にサクラやツツジの植栽を経て今の姿になりました。自由な作庭は日本庭園というより自然風の和の庭園といった趣です。岩肌が露出した特異な景観の御船山と、その手前の断崖下に咲くツツジの織りなす美しい景色を楽しめます。他にもサクラや、モミジの新緑紅葉も見所があります

入場門


こちらの門をくぐって園内に入ります。和風の庭園入口ならではの質素なたたずまい。
初夏には近くにある藤棚のフジとツツジが咲き期待が膨らみます。今回は順路通りに紹介します


園内入ってすぐ広がる池。堂々とした御船山が大きく見えます。春のサクラや、モミジの新緑が眩しいです。対岸にある萩野尾御茶屋も点景になっています

園内の道と、平戸ツツジ群生地


園内の道は一部を除き、舗装整備された道が多く安心して歩けます。ただ、御船山に向かって勾配があるので足回りはしっかりしたいです。
池を回り込んで進むと平戸ツツジの群生地。園のメインのクルメツツジとは少し花期最盛期がずれますが見事な量感です

園内売店


飲み物や軽食が頼める売店。園内の建物は雰囲気を壊さない造りになってます

つつじ谷 その1


御船山を背景にしたツツジの群生。まさに絶景です。ツツジは20万本とのことで桁違いのスケールになっています。

つつじ谷 その2


つつじ谷は内部を巡ることができ、様々な角度からツツジの群生を見渡せます。
また、時期によってはライトアップも楽しめます

花見台


急な階段を登った先にある庭園最上部の展望台。サクラとヒラドツツジの季節が特に綺麗です。

桜並木


ソメイヨシノなどのサクラが咲く並木道。斜面になっているので量感があります。振り返ってみる御船山を背景にした景色が美しいです

大つつじ


樹齢200年といわれる大きなツツジ。見事な花つきです

萩野尾御茶屋と大藤


鍋島茂義の別邸だった建物。現在は座敷や縁台に座ってお茶や甘味が楽しめる茶屋になっています。
そばにある大きなフジの花も見所です。クルメツツジの最盛期の時期は見頃にはやや早いですが、運が良ければ両方楽しめます

場所 佐賀県武雄市武雄町
交通 電車:
JR佐世保線「武雄温泉」駅よりバスで約10分「御船山楽園」下車すぐ
車:
長崎自動車道「武雄北方IC」より約10分
長崎自動車道「嬉野IC」より約15分
駐車場あり(無料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.mifuneyamarakuen.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★★ ★★☆ ★★ ★★★★☆
特異な景観の御船山を背景にしたつつじ谷の絶景は見事の一言。ツツジの量感はもちろんですが、ツツジの花色が絶妙な配分で植栽されているのが強い印象を残します。単一の花色ならここまで見事な光景にはならなかったでしょう。また、見立てや造作に依存しない、御船山の素材の味を生かした自然風の景観も個人的に好みです。
ツツジの他にはサクラの季節も有名ですが、モミジも多いので新緑や紅葉の季節も見所が多いです。
ライトアップも楽しめます。
管理状態は良好です。
公共交通機関利用の場合、駅から嬉野温泉行のバスがそこそこの間隔で出ており悪くありません(公式HPだと駅からタクシーが推奨されていますが、バスでも電車との時間を合わせれば問題ありません)。
車の場合、サクラやツツジの最盛期には園に一番近い駐車場は一杯になることが多いですが、臨時駐車場もあるので問題ないでしょう。
注目の花:サクラ(ソメイヨシノ)、クルメツツジ、ヒラドツツジ、カエデ(新緑・紅葉)

戻ります