本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

旧古川庭園




旧古川庭園は東京都北区にある庭園。園内全体は南に開けた斜面状になっており北側の高い部分に洋館とバラ園、南側の低い部分に日本庭園を配しています

入口付近

園の北側にある入口です

地図(クリックすると拡大します)

園内はそれほど広くはありませんが、洋館を中心にまとまった配置です

洋館(大谷美術館)


入口に入るとすぐに見えてくる洋館。天然スレートの屋根と石造りの外壁が独特な雰囲気をかもし出しています。濃色の外壁は手前にある洋風庭園のバラとも相性がよいです
※洋館内部の見学は往復はがきによる事前の申し込みが必要です

西洋庭園


洋館の正面はバラが植えられた整形庭園になっています。庭園自体は小さいですが、洋館とバラの組み合わせはやはり絵になります

芝生広場


洋館の隣は売店やトイレのある芝生の広場になっています(芝生内への立ち入りはできません)。大きな針葉樹の並木が洋風の雰囲気を盛り立てます

展望台から見る庭園


芝生広場のそばにある展望台。ベンチに座りながら園内が見渡せます。見通しはそれほどよくありませんが、紅葉の時期は壮観です

門や樹木で境界を創る


西洋庭園から日本庭園に入る際、ツツジの刈り込み物と鬱蒼とした樹木の中を歩きます。雰囲気の違う両者の境界の役目を果たしています

日本庭園


日本庭園は心字池を中心とした回遊式庭園。心字池はその名の通り「心」の字に似せた形になっています。大きな雪見灯篭が目立ちます

大滝


比較的落差のある滝。高低差のある園内ならではの演出になっています。日当たりがあまり良くない場所なので周囲の紅葉はシーズン終盤になってからです

茶室


普段は入ることができませんが、春と秋に抹茶を出しています。抹茶を注文する場合は内部を見学することが可能です

場所 東京都北区西ヶ原
交通 電車:
京浜東北線「上中里駅」徒歩7分
山手線「駒込駅」徒歩12分
東京メトロ南北線「西ヶ原駅」徒歩7分
※駐車場はありません
入場料 大人及び中学生以上:150円 65歳以上:70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
春バラのライトアップ期間は延長あり。期間・時間はHPで要確認
休館日 年末年始(12月29日〜1月1日)
URL http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index034.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★★ ★★★☆
園内はそれほど広くはなく、特に洋風庭園のバラ園はかなりこじんまりしています。それでも洋館の存在感は一見の価値があると思います
日本庭園は斜面の下側にあるせいか落ち着いた雰囲気。洋館周辺のような明るさはないものの、ゆっくり散策できます。紅葉も綺麗です
狭さは悪いことだけではなく、コンパクトに見所が詰まった園内という評価もできると思います
バラの美しい初夏と、秋の紅葉の時期は混雑します
都内なので交通の便はとてもよいです。駐車場はありません
公営の庭園なので入園料が安いのは嬉しいところです
  ○2017年5月中旬の様子
バラが見頃。管理状態も良く綺麗に咲いていました。平日の朝でしたが、かなりの混雑でした
 ○2016年11月中旬の様子
紅葉は見頃。バラは見頃すぎですがまだ咲いています。かなり混雑してはいますが、綺麗な景色を堪能できました
注目の花:バラ、ツツジ、紅葉

戻ります