本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

小石川後楽園






水戸黄門こと水戸光圀が完成させた回遊式泉水庭園で、彼ならではの中国・儒教的趣味や水田などを取り入れた個性的な日本庭園になっています

入口付近


アクセスのよい場所にありますが入口は西門の一箇所だけなので注意。飯田橋駅から陸橋を渡ってくるのがわかりやすいルートですが、大江戸線の駅からも近いです。限られた期間のみ東門も入口として利用されることがあります

地図(クリックすると拡大します)


入り口から池を中心に時計回りで散策すれば効率よく見られます

シダレザクラその1


入口から入るとまず見えてくるのが小さめのシダレザクラ。見ごろは3月下旬ごろでソメイヨシノよりもやや早いです

築山(小慮山)


入ってすぐの広場からは綺麗に刈り込まれた笹で覆われた築山が目立ちます。周囲の樹木の葉が落ちる冬の方が、築山の盛り上がり具合がよく分かります

シダレザクラその2と、涵徳亭の紅葉


順路どおり進むと見えてくるのがもう一つのシダレザクラ。こちらの方が立派です。見ごろはほぼ同時期になります。向かいには有料の集会場になっている涵徳亭。秋には紅葉で建物周辺が彩られます

通天橋と沢渡り


朱塗りの橋の通天橋。晩秋は周囲の紅葉が綺麗です。紅葉は日当たりのよい外側から始まり、橋の周囲にあたる奥側が紅葉するのはシーズン終盤になります。橋からは大堰川に配置された飛び石と渡月橋が見下ろせます

築山(小慮山)から眺める景色


築山(小慮山)には登ることができます。日本庭園と東京ドームやビルが見える不思議な景色です

大泉水と蓬莱島


庭園の中央に広がる大きな池(大泉水)。池の中心には蓬莱島が浮かびます。琵琶湖の景色を見立てて造られたとのことです

松原と丸八屋


丸八屋という小屋のある広場。明るく広々としているので休憩するのによい所です

田んぼのある日本庭園!?


日本庭園の中に田んぼとは変わっていますが、水戸光圀ならではの趣向だそうです。地元の子供たちが作った案山子たちが稲を守っています。初夏はハナショウブ、秋はヒガンバナやハギが咲きます

梅林


光圀の好んだ梅がまとめて植えられています。早咲きが中心で、種類・数ともにそれほど多くはありません

円月橋


水面に映る姿を月に例えているそうです。この橋は江戸時代の庭園築造当時の姿をとどめています。現在は渡ることが出来ません

神田上水跡付近


春にはフジ、秋にはヒガンバナが咲く自然風な庭園部分。藤棚や八橋などがあり、雰囲気のよい所です

内庭


奥まったところにある池。東京ドームを借景にした小石川庭園ならではの景色を楽しめます。夏はハスやスイレン、秋は紅葉、冬は雪吊りが見られます

園内の道(木曽川付近)


シダレザクラや池などに目がいきがちですが、落ち着いた雰囲気も評価したいです。写真右の延段など各所の石畳の造作も味があります

鳥もよく見られます


東京の中心部にありながら鳥もよく飛んできているようです。水の浄化が進んだことや、流水が多いせいかカワセミも見られます

場所 東京都文京区後楽
交通 電車:
JR総武線「飯田橋」東口 徒歩8分
都営地下鉄大江戸線「飯田橋」徒歩2分
東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋」徒歩8分
東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」徒歩8分
※駐車場はありません
入場料 一般及び中学生:300円 65歳以上:150円
小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休館日 年末年始(12月29日〜1月1日)
URL http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index030.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★☆ ★★★ ★★★★
園の南側は一般的な回遊式泉水庭園風ですが、北側には小川や田んぼなど変わった趣向があり面白いです。全体的に都内にある他の庭園(浜離宮や六義園など)に比べ暗めな場所の割合が多く、その分日本庭園らしい落ち着いた雰囲気になっています
大きさは狭くも広くもなく歩き回るには調度よい大きさ。庭園内はよく管理されています
飯田橋や地下鉄の駅から歩いていけるので交通の便はよいです。駐車場はなく、車で行くような場所ではありません
東京ドームなどが建つにぎやかな立地。歓声や車の音が多少聞こえてきますが、気になるほどではありません
暗めの場所では夏〜秋に蚊が多いので注意
注目の花:ウメ、シダレザクラ、フジ、ハナショウブ、ツツジ、ヒガンバナ、紅葉など

戻ります