本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

清澄庭園




小さめながらも雰囲気のよい日本庭園。各所に配置された名石や、大きな池とそこに来る水鳥たちが見所です

園内の地図(クリックすると拡大します)


泉水や築山、枯山水を主体にした回遊式林泉庭園です。敷地に大部分をしめる広い池(大泉水)が変化のある空間を造っています

入り口

清澄庭園
控えめな感じが好印象の入り口

入ってすぐのあたり


ちょっと狭い空間ですが、日本庭園らしくてよい感じです

石橋と名石


ここの庭園は「石」にこだわりがあります。これは立派な一枚岩2枚でできた橋。園内の名石には石の種類が書かれた札が立っています

鳥と庭園


灯篭や、松の間から見え隠れする池や築山など日本庭園らしさが嬉しいです。ご覧のとおり鳥が多いです

涼亭

涼亭
池のほとりに立つ数奇屋造りの建物。集会施設になっており通常は中には入れませんが、日本庭園らしい被写体になります

涼亭の縁台より


前述の通り涼亭は利用許可がいるのですが、正月など限られた日に一般開放されます。暖かい休憩場所として、また普段とは違う景色を見ることが出来ます

中島


橋で渡れる中島。あずまやがあります。園内にも所々にベンチがあり休憩している人も多いです。秋になるとハゼノキが見事に紅葉します

逆光の涼亭を見る


庭園はそれほど広くはありませんが、大きく作られた池のおかけで広々とした変化の多い楽しい庭園になっています

磯渡り


池の周囲を巡れるだけでなく、園路に石橋や磯渡りを配置して池と積極的に結びつけています。安全上のため手すりがあったりするのがやや残念ですが、仕方ないですね。。

もう一つの主役?


鳥たちがとても多いです。種類も様々。しかも人懐っこいので見ていて楽しいです。鯉も盛んにエサをねだってきます

場所 東京都江東区清澄
交通 電車:
都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」 徒歩3分
※駐車場はありません
入場料 一般及び中学生:150円  65歳以上:70円
小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休館日 年末年始(12月29日〜1月1日)
URL http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★★★ ★★★☆
敷地の半分近くを占める大きな池が特徴。あまり広くはないのですが、この思い切りのよさのおかげで変化の多い魅力のある空間になっています。名石が多いのも特徴のひとつです。日本庭園らしい雰囲気があるので、外人さんに見せるのにもいいかもしれません
管理が行き届いていて気持ちよい空間になっています
鳥が多く観察するのが楽しいです。水鳥が多いせいかそれほどフン等は気になりません。大きな鯉もたくさんいます。亀もいるそうです
園内はやや狭めで休日は混雑しやすいです。ゆっくり回っても1時間もかかりませんが、ぜひのんびりして下さい
都内で交通の便はよいですが、車で来るような場所ではありません
注目の花:ウメ ツツジ サツキ ハゼノキ

戻ります