本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

清澄庭園





小さめながらも雰囲気のよい日本庭園。本格的に今の姿になったのは明治時代以降です。大きな池とそこに来る水鳥たち、各所に配置された名石が見所です

園内の地図(クリックすると拡大します)


泉水や築山、枯山水を主体にした回遊式林泉庭園です。敷地に大部分をしめる広い池(大泉水)が変化のある空間を造っています

出入口と、園内入ってすぐの坪庭


控えめな感じが好印象の出入口。
園内に入ってすぐの坪庭は狭い空間ですが、日本庭園らしくてよい雰囲気です

大正記念館


大正天皇の葬儀に用いられた建物を移築した大正記念館。現在の建物は再建されたものです。周囲は芝庭になっていて開放感があります

大泉水


庭園の大部分を占める大きな池。3つの中島があります

中の島


橋で渡れる中の島。秋になるとハゼノキが見事に紅葉します

富士山と、枯滝


富士山を模した築山。頂上に溶岩石、たなびく風を表したツツジの刈り込みを配しています。
築山の周囲を巡る園路から枯滝が池に流れています

涼亭

涼亭
池のほとりに立つ数奇屋造りの建物。日本庭園らしい風景を演出しています。利用許可のいる集会施設になっており通常は中には入れません

涼亭の縁台より


前述の通り涼亭は利用許可がいるのですが、正月など限られた日に一般開放されます。暖かい休憩場所として、また普段とは違う景色を見ることが出来ます

自由広場と、花菖蒲田


涼亭の裏にある自由広場。芝生が広がり、ベンチやあずまやもあるのでゆっくりできます。
広場にある池では6月ごろハナショウブが見頃になります

磯渡りと、大磯渡り


池の周囲を巡れるだけでなく、園路に磯渡りを配置して池と積極的に結びつけています

名石


ここの庭園は「石」にこだわりがあります。大きな一枚岩2枚でできた橋と、立派な真鶴石。園内の名石には石の種類が書かれた札が立っているので確認してみましょう

もう一つの主役?


鳥の姿が多くみられます。特に渡り鳥の多い冬にはかなりの数が飛来します。ほかに、初夏から夏は亀もよく見られます

場所 東京都江東区清澄
交通 電車:
都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」 駅より徒歩3分
※駐車場はありません
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★★★ ★★★☆
敷地の半分近くを占める大きな池が特徴。あまり広くはないのですが、この思い切りのよさのおかげで変化の多い魅力のある空間になっています。池や芝庭の開放感はありますが、どことなく日本庭園らしい落ち着いた雰囲気もあります。また、名石が多いのも特徴のひとつです。
管理状態は良好です。
鳥が多く観察するのが楽しいです。水鳥が多いせいかそれほどフン等は気になりません。暖かい時期は亀の姿も多く見られます。
園内はやや狭めで休日は混雑しやすいです。ゆっくり回っても1時間もかかりませんが、池の変化を楽しみつつのんびり観賞したいところ。
交通の便は、駅からすぐの立地で非常によいです。一方で、車で来るような場所ではありません。
注目の花:ウメ、ツツジ、サツキ、ハナショウブ、ハゼノキ

戻ります