本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

巾着田




埼玉県日田市にある公園。高麗川の蛇行によりできた巾着の形に似た地形が特徴です
ヒガンバナ(曼珠沙華)の群生地として知られており、最盛期には行列ができるほど賑わいます
約500万本といわれるボリュームに圧倒されます

園内の地図(クリックすると拡大します)

地図で見ても見事な巾着の形。ヒガンバナは巾着の底を覆うように群生しています
ここでは高麗駅から来るルートで園内を紹介します

管理事務所前付近から砂利道、そして出入口へ

高麗駅より歩いてくると、鹿台橋を渡って右手に巾着田の赤いヒガンバナが見えてきます。公園の管理事務所前で舗装路と別れ、川に沿う砂利道を出入口(臨時の料金所)まで歩きます
出入口は他にも、駐車場用のものや高麗川駅側などいくつかあります。ヒガンバナの咲く時期は有料になるので、ここで入場料を払います

早咲き地点の群生地

園内に入ると早咲き地点の群生地。いきなりの赤い絨毯に歓声が飛び交います
早咲き・中間咲き・遅咲きとありますが、実際には各花期はかなり接近しており、同時に見ごろを迎えていることも多いです。とにかくヒガンバナは花期が短いので、公式ホームページで情報を確認することが大切です

高麗川とヒガンバナ

ここの群生地は川との距離が比較的近いですが、川の流れが群生地とは遠いほうに流れているため、ヒガンバナと川を同時に見れるポイントは限られています

中間地点の群生地

中間地点ということでしたが、早咲き地点にはなかった終わりかけの花があったエリア
一部は早咲き地点よりも先に咲いているのかもしれません
このあたりは樹木(ニセアカシア)との調和が美しいです。奥行き感もかなりのもの

ドレミファ橋と中間地点の群生地

中間地点の群生地の終点間際には、ドレミファ橋という簡易の橋が架けられています
川の流れとヒガンバナを一緒に楽しめる地点が少ないので、橋を往復するとよいでしょう
橋を渡ったところは高台になっていて群生地を見下ろすこともできます

まつり会場

中間地点と遅咲き地点の間は広場になっており、ヒガンバナの開花期は出店が多数出てお祭り騒ぎになります(写真は平日朝早くなので人が少なめですが実際には大混雑します)
ベンチも用意されているので、疲れたら休憩するのも良いでしょう

遅咲き群生地

広場をぬけると遅咲きの群生地。3つの群生地の中では花の密集度はやや劣るものの、それが逆に自然な景色になり好ましい雰囲気を作っています

あいあい橋

遅咲き地点の終点付近に架かるあいあい橋。木製トラス構造の橋としては日本一の長さ(91.2m)だそうです。橋を渡るには一度園内を出なければなりませんが、チケットを見せれば再入場が可能なので気軽に歩いてみましょう。橋は歩行者専用で、美しいフォルムは環境によく合っています

橋から遅咲き群生地を見下ろす

橋から群生地や高麗川を見下ろすことが出来ます
近年、川が外側に広がってしまい、ヒガンバナと川の両者を上手く写せなくなっています

ビオトープ池と水車小屋

川や林など全体的な環境も好ましく季節を変えて訪ねて見るのも楽しいでしょう。ヒガンバナ以外にもコスモスやソバ、ハス、サクラ、ナノハナなどが咲きます
しかし、ヒガンバナの量感を体感しないと巾着田の本当の魅力に触れられないと思います

日和田山と駐車場

日和田山の頂上から見ると巾着の形がよく分かるとのことですが、ハイキングの領域になります
平日でも駐車場はこの混雑。なるべく公共交通機関を使うことをお勧めします。高麗駅からは道順も案内され(人の流れに付いていけば勝手に着きますが)迷うことはまずありません

場所 埼玉県日田市。周りは里山の雰囲気です
交通 電車
西部秩父線高麗駅より徒歩で15分
JR八高線高麗川駅よりバスで10分「巾着田」バス停すぐ

関越自動車道鶴ヶ島ICより約30分
圏央自動車道圏央狭山日高ICより約20分
駐車場約600台(ヒガンバナ開花期のみ500円)
入場料 ヒガンバナ開花期のみ300円
中学生以下無料
有料期間はホームページ等で確認のこと
開園時間 有料期間:7:00〜17:00
開花期以外は終日
休館日 無休
HP http://www.kinchakuda.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★★ ★★★ ★★☆ ★★★★
ヒガンバナの量感はさすがとしか言いようがありません。個人的に、一つの花だけが群生するような花の名所は好みではありませんが、ここは好みを超えた迫力があります。開けた場所ではなく、林の下に咲いているのも雰囲気がよいです。高麗川を含めた里山的な周囲の環境も好ましいです
ヒガンバナ以外にもコスモスやソバ、ナノハナなどの花が咲きますが、やはりここの真価は燃え立つようなヒガンバナにあると言わざるを得ません
初めて訪れるなら、ある程度の混雑覚悟でヒガンバナの季節に出かけましょう
ヒガンバナの花期はしっかり確認しましょう。花期が短いので満開の期間は1週間あるかないかといったところです
管理状態はかなりよいです。道も歩きやすいように整備されています
開花期の混雑はかなりのもの。できれば平日の早い時間に訪れたいです。祭り的な賑わいを望むならあえて土日に行くのもよいかもしれませんが、ゆっくり花を楽しむことは難しいです
駅から歩いていけるので交通の便は比較的良好です。駐車場は大きいですが、休日は満車になり駐車待ちの列ができる上、周辺も大混雑します。平日ならなんとか止められるとは思いますが、せっかく駅からも近いので公共交通機関の利用をお勧めします
○2013年9月下旬の様子
今年の開花はほぼ彼岸のころになりました。早咲き〜遅咲きのすべてが咲きそろい、まさに赤い絨毯という迫力に圧倒されました
注目の花:ヒガンバナ

戻ります