本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

京王フローラルガーデンアンジェ





京王多摩川駅の本当にすぐそばにあるガーデン。園内はイングリッシュガーデンとアンジェ独自のガーデンをミックスしたデザインになっています。バーベキュー場が併設されているのも特徴です

エントランス


ほんとの意味で駅前にあるガーデン入口。徒歩0分です。車で来るような立地とはいえないので、これはありがたいです

園内の地図(クリックすると拡大します)


園内はそれほど広くなく、三分の一ほどをバーベキュー施設が占めるため、やや狭く感じます。いくつかのテーマガーデンに分かれていますが、ローズガーデンなど一部を除いて非整形の花壇で、自然な雰囲気を特徴としています。今回は反時計回りで園内を紹介します

ウォーターガーデン


入り口からすぐにウォーターガーデンがあり、池の周りに抽水植物を配しています。スイレンなどを植えて「モネの庭」の雰囲気を目指しているのでそうですが、成功しているのはないでしょうか

ロックガーデンとカナールサイドガーデン


ロックガーデンの手前には緑陰のあるテラスがあり、樹木が多く寛げる空間になっています。手前のドッグウッド(ハナミズキ)が花をつける頃が一番美しいでしょう

ボーダーガーデン


細長い道に色とりどりの花や樹木が植えられています

ローズガーデン


つるバラのパーゴラが目立つバラ園。それほど大きくはありません

バーベキュービレッジ


以前ポンドガーデンやウォールガーデンがあった場所に出来たバーベキュービレッジ。ガーデンとは区切りはなく一体化されています

マグノリアガーデンの春


水路のかかった橋を渡ると、マグノリア(西洋モクレン)の咲くガーデンが広がります。様々なマグノリアをコレクションしており、アンジェの大きな特徴のひとつといえるでしょう。マグノリアは品種よって開花期に違いがあります。3月中旬〜4月上旬までは白・ピンク系、4月中旬〜4月下旬は黄色系がメインです

マグノリアガーデンの初夏


マグノリアガーデンには球根や宿根草が植えられており、マグノリアの花が終わったあとも綺麗

ロウンガーデン


一番奥には休憩場所を兼ねた芝庭が広がっています。マグノリアガーデンと合わせて、前半部分とは違う開放感のある空間を作っています。また、イベント会場になることもあります

公共の水路が横切ります


公共用水路でガーデンは二分されています。垂れ下がる植物で目立たせない工夫をしているとともに、雰囲気の違う前半と後半のガーデンを分ける役目もしています

イベント・セミナールーム


建物も雰囲気を壊さない配慮がされています。花の説明等も控えめで、自然な雰囲気を楽しめるようになっていますが、逆にいえば、バーベキュービレッジの違和感を強調しているともいえます

場所 東京都調布市多摩川
京王多摩川駅すぐそば
交通 電車:
京王相模原線「京王多摩川」駅より徒歩0分
車:
中央道「調布IC」より約10分
(専用の駐車場はありません)
隣接のコインパーキング(35台)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
HP http://www.keio-ange.info/
My impression 
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★★ ★★☆ ★★★ ★★★
園内はそれほど広くはなく、やや花や樹木の種類も少ないようですが、ガーデン部分は美しく自然にまとめられています。よく観察すれば珍しい園芸植物も多くマニアの方も楽しめると思います。
バーベキュー場が隣接…ではなく併設されています。これにより花を見に来る立場としては印象はマイナスせざるを得ません。レストランやカフェならまだしも、みんなでわいわい騒ぐことが目的のバーベキューとは…。採算性の向上による施設維持のため、仕方ない部分はあるものの、せめて緩く区切る等してほしい気がします。
バーベキュービレッジが騒がしいのは昼ごろからなので、開園すぐなどを狙えばそれほど気にならないかもしれません。
京王多摩川駅すぐそばにあるので、交通の便は抜群によく、車のない方も安心して訪れることができます。そのかわり専用の駐車場はありません(隣接のコインパーキングを利用) 
注目の花:マグノリア類、サクラ、ハナミズキ、宿根草、バラ 

戻ります