本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

河川環境楽園(木曽川水園、アクア・トトぎふ)





岐阜県各務原市にある環境共生型のテーマパーク。岐阜・愛知・三重県にわたる国営木曽三川公園の一部分でもあります。フィールドミュージアムを中心とした木曽川水園と、自然環境を再現した展示が特徴の淡水水族館アクア・トトぎふを中心に紹介します

園内地図(クリックすると拡大します)

東海北陸自動車道の川島パーキングに隣接した立地。一般道、高速道路どちらからでもアクセスできます。水族館以外は無料なので正門や順路といえるものはありませんが、ここでは自然発見館から入り、木曽川水園の下流から上流にかけて辿り、水族館に入る時計回りのルートで紹介します

自然発見館

体験や創作など各種工房がある自然発見館。園内マップの冊子や季節の見所の紹介、小さな水族館もあるので、園内を巡る前に立ち寄ってみるとよいでしょう

木曽川水園

木曽川の上流部から下流部までの自然や文化を再現しています

下流ゾーン

入り江や河口部を表現した、川幅が広くゆったりした流れの下流域。砂泥が堆積して水辺にはヨシ原が広がります。土砂が堆積してできる中ノ島が景色に変化をつけています

じゃぶじゃぶの河原

川幅は広いですが浅瀬状になった中流域。河畔林や湧き水といった自然環境の他、魚道など人の暮らしと関係するものもあります。暖かい時期は水遊びもできます

農家と水車小屋

雰囲気のよい茅葺き屋根の農家があります。周囲には水車小屋やポットリ小屋などが建ち、昔の農村の様子を再現しています

ふれあい池

ハリヨやメダカなど、絶滅の恐れがある魚たちと自然な雰囲気で触れ合えるようになっている池。湧き水や支流を表現した小さな流れが入り組んでいます

吊り橋と大滝

上流ゾーンは吊り橋や、大きな滝が見られます。むき出しになった岩肌が本格的です。アマゴやイワナなどの魚が観察できます

アクア・トトぎふ

正式名称の「世界淡水魚園水族館」の通り、一般的な水族館とは異なり淡水魚が中心の水族館で、魚そのものというより、魚を含めた環境再現を展示しているところが大きな特徴です

アクア・トトぎふの建物と入口

上流ゾーンからすぐの場所に水族館があります。またバスから来た場合はこちらの方が近いので、先に水族館から観賞するのもよいでしょう

長良川源流から上流(4F)

入場するとまず4Fまでエレベータで上がります。上がった先は光の降り注ぐ明るいスペース。滝つぼや樹木などが渓谷のような雰囲気を演出しています

長良川上流から中流(3F)その1

上流域から流れてきた水を辿る展示。館内でもより自然風の印象が強いところです

長良川上流から中流(3F)その2

水族館には魚だけでなく様々な水生の生き物がいます。世界最大の両生類のオオサンショウウオや、日本では絶滅してしまったニホンカワウソの代役としてコツメカワウソが展示されています

長良川中流から下流(3F)

コイやギンブナ、タナゴなど身近な魚や、ハリヨやイタセンパラなど絶滅の恐れのある希少な淡水魚も展示されています

メコン川(2F)

2Fからは世界の代表的な河川や湖沼の淡水魚の展示になります。太陽の光が届かなくなり、一般的な水族館という雰囲気が強くなります。巨大なメコンオオナマズに驚かされます

コンゴ川(2F)

放流により様々な問題を引き起こしたナイルパーチや、現地の変わった漁の様子など、人とのかかわりについての展示も見られます

タンガニーカ湖(2F)

海水魚と比べ地味な魚が多い淡水魚ですが、特異な環境であるタンガニーカ湖ではシクリッドと呼ばれるカワスズメ科の華やかな魚が生息しています

アマゾン川(1F)その1

1Fまで下りてきました。最後はやはり世界最大の流域面積を誇るアマゾン川です。巨大魚の代表ともいえるピラルクーの展示は迫力があります

アマゾン川(1F)その2

レッドテールキャットやピラニアなど比較的有名な魚たちも見られます

カピバラと、アルダブラゾウガメ

アマゾン川流域にすむ世界最大級のネズミの仲間のカピバラや、インド洋にすむ大きなゾウガメが展示されています。エサやり体験などが楽しめます


オアシスパーク・ハーブ園

屋台村やレストラン、観覧車などがあるレジャー施設のオアシスパークがあり、休憩や食事などには困りません。小さな梅林やハーブ園もあるので花の開花期には立ち寄ってみるとよいでしょう

場所 岐阜県各務原市川島(川島ハイウェイオアシス隣接)
交通 電車:
土日祝日・夏季休暇はJR「岐阜駅」および名鉄「岐阜駅」よりバスで「河川環境楽園」下車すぐ(平日は「川島笠田」下車、徒歩約15分)
車:
高速からは東海北陸自動車道「川島PA・ハイウェイオアシス」より徒歩約1分
一般道からは東海北陸自動車道「一宮木曽川IC」より約20分
無料駐車場あり
高速道路側:上り:約90台、下り:約300台
一般道側:臨時含め合計1500台
入場料 アクア・トトぎふのみ有料
大人(大学生以上)1500円、他設定あり
休館日 ■木曽川水園・自然発見館
8月以外の毎月第2月曜日(祝日振替)、年末年始
■アクア・トトぎふ
年間数日休館あり、公式HPで確認のこと
開園時間 ■木曽川水園・自然発見館
3月1日〜5月31日:9:30〜18:00
6月1日〜8月31日:9:30〜19:00
9月1日〜2月末日:9:30〜17:00
■アクア・トトぎふ
土日祝:9:30〜18:00(入場17:00)
平日:9:30〜17:00(入場16:00)
※季節によっては別設定あり
URL ■木曽川水園・自然発見館
http://kisosansenkoen.jp/index.html
■アクア・トトぎふ
http://aquatotto.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★★ ★★☆ ★★ ★★★☆
※上記のマニア度評価は植物関係のみ。魚のマニア度は★3つ
高速のパーキングに直結した車でのアクセスに優れた施設
河川環境が身近に親しめる木曽川水園は、花は少なめですが、河川の環境がよく再現されていて散策が楽しい施設になっています
アクア・トトぎふは珍しい淡水がメインの水族館。自然環境の再現が特徴とあって擬岩と植物の多い4F〜3F部分や、テラリウムになった水槽など、他の水族館ではあまり見られない展示が楽しめます。ただ、日光の届かない2F以降は普通の水族館に近い生き物重視の展示が多く、環境の再現という雰囲気ではあまりありません
4F〜3Fが環境再現にも優れていただけに、メコン川やアマゾン川の鬱蒼とした水辺の雰囲気なども見てみたかったです。そういった意味では同じ環境再現型の水族館であるアクアマリンふくしまの方が充実度は上かもしれません(こちらは海の環境再現もあります)
飲食店や出店が多く、そういったもの目当てで行くのもよいでしょう。オアシスパークには各種レジャー施設もあり、子供からお年寄りまで楽しめます
全体をすべて見ようと思うと半日程度かかります。特に水族館の観賞時間には余裕が欲しいです
園内は車でのアクセスが良いので比較的混雑します。水族館も団体の利用などがあるため時間によっては混雑しがち。再入場もできるので、場合によっては時間をずらすのも良いかもしれません
駅からは遠く、車で来るのが基本の立地ですがバスの便もあります。ただ、本数はそれほど多くないのでよく確認しましょう。また夏季休暇以外の平日は直接、河川環境楽園のバス停に乗り入れる便がないので注意
高速利用の場合は便利な立地。一般道の駐車場も広く、車でのアクセスにはそれほど困らないでしょう
 ○2016年11月上旬の様子
散策するには最高の日和。早めに色づいた紅葉が綺麗でした。水族館は魚の状態もよく、かなり長居してしまいました
秋の行楽シーズンとあって混雑していましたが、混雑の中心はオアシスパークなのでそれほど気になりません。利用者の動線分けという意味でも優れた施設だと思います
注目の花:特になし

戻ります