本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花菜ガーデン





神奈川県の中央、関東平野の平坦な敷地にある県立のガーデン。読みは「かなガーデン」です。バラを中心としたガーデン部分以外に、「農」に力を入れていることが大きな特徴です

花菜ガーデン入口


フラットなデザインが特徴の建物

ガーデン地図(クリックすると大きくなります)


園内は花が楽しめる「フラワーゾーン」と農業体験ができる「アグリゾーン」、さまざまなイベントやギャラリーなどが開かれる「めぐみの研究棟ゾーン」に分かれています。花の観賞をメインに考えるならフラワーゾーンが主な見所となります 

めぐみの研究棟ゾーン


入り口を入るとすぐ、展示ギャラリーや図書館などが入る、めぐみの研究棟ゾーンの建物の間を通り抜けます。ガーデンではあまり見られない、屋外アウトレットモールの通路のような雰囲気です

センターフィールド


建物の間を抜けると大きな芝生の広場があります。各種イベントが行われることもあります


薔薇の轍

バラが咲く花菜ガーデンの花のメインエリア。オールドローズ、モダンローズ、イングリッシュローズなど系統・分類ごとにテーマに分かれた歴史園となっているのが特徴です

野生種とその交配種、オールドローズ



バラの園芸種の元となった野生種や、その交配種を集めたエリアと、自然交雑種や中国のオールドローズなどを集めたエリア。欧米の花というイメージのあるバラですが、実際はアジア原産であることが理解できると思います。一季咲き種が多く見頃は主に初夏です

モダンローズと、ミニバラとミニツルバラ


近代のバラを展示しています。美しい花姿と四季咲き性の強さが特徴。「ピース」などお馴染みの品種が多いです。生垣で隔てた奥側にはミニバラのコーナーもあります。都会の庭でも使いやすい大きさのミニバラは品種選びの参考になると思います

クライミングとシュラブ・ローズ


一度に大量に咲かせるツルバラがメインに植栽されたエリア。パーゴラに咲くツルバラと、パーゴラから見下ろすツルバラの波打つ姿が見所です。見頃は初夏のみですが、その分量感があります

イングリッシュローズ


オールドローズとモダンローズの良いところを生かしたイングリッシュローズを集めたエリア


風ぐるま迷図(かざぐるまのめいず)


迷路状に通路が作られその間にクレマチスや、香りのあるバラが植えられています

その他の花


バラを引き立てる下草の宿根草や一年草の他、ハナモモやマグノリア、アジサイ、ムクゲなどの花木、ヘメロカリスやサルビア、チューリップなどが咲きます。ただ、バラのボリュームに比べれば小規模になります

紅葉重ねのほとり


カエデ類など紅葉する樹木が植えられています。紅葉する秋はもちろん、春の新緑も楽しめます

尾根見の池


水生植物を周囲に植えた自然風の池。デッキから名の通り山々の尾根が池越しに眺められます。初夏から秋にかけて咲くスイレンが見所です

スペシャルショーガーデン


著名なガーデナーが庭づくりをしているコーナー

チャペックの家と庭


花菜ガーデンのシンボルであるカレル・チャペックの家と庭を再現しているそうです

みはらしデッキ


デッキの上から、天気が良い日には富士山や大山をはじめとした山々が眺められます。ここ以外にもオープンスペースが多く、全体的に開放感のある施設になっています


花菜ガルテンと、触れん土ファーム


ここからはさまざまな野菜を栽培しているアグリゾーン。花菜ガルテンは小スペースでできる貸農園的なイメージの菜園。触れん土ファームは様々な野菜が栽培される体験型の農場です。どちらも春にはチューリップが咲きます

田んぼたんぼ


稲刈り体験などができる田んぼ。秋には稲が黄金色に実ります

キッズビレッジと、キッズファーム


子供の農業体験といった情操教育的な部分もあるガーデンになっています

場所 神奈川県平塚市寺田縄
交通 車:
小田原厚木道路「平塚IC」から約5分
(駐車料金500円)
電車:
JR「平塚」駅よりバスで約25分
小田急「秦野」駅よりバスで約20分
いずれも「平塚養護学校前」下車、徒歩約5分
入場料 初夏バラのピークシーズン
大人880円、中人550円、小人300円、シニア550円
レギュラーシーズン
大人520円、中人300円、小人200円、シニア310円
スローシーズン
大人220円、中人〜シニア110円
※各時期については公式HP要確認
開園時間 初夏バラのピークシーズン 8:30〜17:00
ピークシーズン以外の春〜秋 9:00〜17:00
冬季 9:00〜16:00
※各時期については公式HP要確認
休館日 12月28日から1月4日まで
スローシーズンの毎週水曜日
HP http://www.kana-garden.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★★☆ ★★ ★★★★
ガーデンとしてみた場合、実質バラ園といえるほどデザインされたガーデン部分はバラがメインになっています。それ以外の空間は公園的な開放感の強い雰囲気でデザインされた印象ではありません。バラのボリュームは十分で管理状態も良好。ただ、バラの咲く季節以外は花的な意味でいえばやや物足りなさがあります。花が純粋に好きな方はバラの開花期が訪問時期として良いと思います
農業体験というコンセプトもあるので、そうしたことに共感できる人にはおもしろい施設だと思います
オープンスペースが多く混雑時でも圧迫感は少ないです。また、ベンチや休憩スペースが数多く配置されているのも好印象
交通の便は、駅からバスがそこそこの本数出ています。平塚駅と秦野駅のいずれかを選択できるのも助かります
○2017年5月下旬の様子
バラは見頃〜見頃すぎ。クレマチスもよく咲いています。前日の雨で傷んだ花を急ピッチで綺麗にしているのが大変そうでした。よく晴れた日で富士山から大山までよく見えました
注目の花:バラ、クレマチス、花木、一年草、宿根草、野菜など

戻ります