本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

加茂荘花鳥園





静岡県掛川市にある花鳥園。雰囲気のある建物の前で咲くハナショウブの群生で知られています。また、フクロウなどの鳥の展示や、温室に咲くアジサイなどの花も見所があります

入口


駐車場すぐ前にある和風の建物が入口で、中で受付を済ませて園に入ります。

花菖蒲園1


入ってすぐの菖蒲園は花のボリュームではなく、水辺や水鳥、スイレンなどの他の花と一緒に楽しむエリアになっています。伸び伸びとした雰囲気

花菖蒲園2


奥側の菖蒲園はハナショウブの植栽密度が濃く、花のボリュームが楽しめます。時期が合えばアジサイとの共演が見られるのも魅力です

あじさいロード


道の左右に植えられたアジサイや草花を鑑賞できます。ただ、アジサイとハナショウブは花期が微妙にずれているため、アジサイ最盛期にはハナショウブが見頃過ぎになっていることが多いです

庄屋屋敷



桃山時代から続く庄屋であった加茂家の邸宅で、園の名もここからきています。内部は昔の生活が垣間見える土間や調度品、つるし雛(期間限定)などの飾り物があります。また、雰囲気の良さからドラマの撮影やアニメなどの舞台として利用されることがあるそうです

展示温室(アジサイ)


展示温室は鳥の観賞エリアも兼ねているため、かなり広いです。見所はアジサイ。オリジナル品種で飾られた丘がよく目立ちます。花の育種に積極的なのもこの園の特徴です

展示温室(その他の花)


アジサイ以外の花も多数展示されています。球根ベコニアやストレプトカーパス、フクシア、ブーゲンビレア、晩秋にはダイヤモンドリリーなどが咲き競います。また休憩や軽食が食べられるコーナーもあるのでゆっくりするとよいでしょう

鳥の展示



花鳥園らしく充実している鳥の展示。注目はフライトショーなどが楽しめるフクロウ。それ以外にも様々な鳥がいて興味深いです。花が目的で訪れたとしても、鳥も一緒に見学してみるとよいでしょう

場所 静岡県掛川市原里
交通 電車:
天竜浜名湖鉄道「原田」駅より徒歩で約20分
車:
新東名高速「森掛川I.C」より約5分
駐車場約200台(無料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
公式URL http://kamoltd.co.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★★ ★★☆ ★☆ ★★★★
ハナショウブの群生で有名ですが、ただの花菖蒲園とは異なり、雰囲気のある建物と一緒に楽しめるのが大きな魅力です。また、広い展示温室の花はアジサイをはじめボリュームがあり満足度が高いです。
各花の育種に取り組んでおり、オリジナル品種が見られるのも興味深いです。これらは販売もされています。
管理状態は良好。普通なら乱れがちな鳥の展示部分も綺麗に管理されているのは好感が持てます。
園内はゆっくり回って1〜2時間程度。鳥のふれあいや食事などに時間を使うならもっとほしいです
ハナショウブの最盛期は混雑しますが、園内はオープンスペースもありそれほど混雑感は強くありません。
交通の便は、ローカル鉄道の駅が最寄りのため車で訪れる人が多いです。ただ、駅から歩けない距離ではないのでそれほど悪くはありません、
注目の花:ハナショウブ、アジサイ、ストレプトカーパス、ダイヤモンドリリー、八重咲きサクラソウ

戻ります