本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

鎌倉文学館



神奈川県鎌倉市にある洋館で、館内では鎌倉ゆかりの文学に関する展示を行っています。洋館の庭園の南側にはバラ園があります

入口


鎌倉文学館入り口付近。文学館の入り口は住宅街の中にありますが、道標もしっかりしており迷うことはないでしょう。不安なら携帯ナビがあると便利です

プロムナード


導入部は木陰の坂道。新緑や紅葉の頃が美しいです

洋館


三方を緑で囲まれた洋館。内部は文学にまつわる展示と、洋風の造作を楽しめます

洋館前の庭から海を見る


洋館は山の斜面に建っているので眺めがいいです。手前は庭園、奥に見えるのは由比ガ浜です

芝生とツツジ


庭園には芝生や生垣、樹木が植えられています。特に初夏のツツジが綺麗です

バラ園


ここはなんといってもバラ園です。それほど広くはありませんが段状にバラが植えられています。バラ園と洋館がよく似合っています

場所 神奈川県鎌倉市長谷
交通 電車:
江ノ電「由比ヶ浜」から徒歩7分
JR「鎌倉」からバス、「海岸通り」から徒歩3分
入場料 大人300〜400円 小中生100〜200円
(展示により変動あり)
開園時間 9:00〜17:00(3月〜9月)
9:00〜16:30(10月〜2月)
入館はいずれも30分前まで
休館日 月曜日(振替休日あり)
年末年始(12月29日〜1月3日)
臨時休館あり
HP http://www.kamakurabungaku.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★ ★★☆ ★★☆
バラ園はそれほど大きくないですが、洋館と組み合わせた独特の雰囲気を味わえます。バラの開花の最盛期は初夏と秋ですが、毎年変化するので公式HPやSNSなどで確認を
園内もやや狭いので、近くにある他の寺社も絡めて散策するといいでしょう。鎌倉なので他にも見所はたくさんあります
駅からはそれほど遠くはありませんし、バスの便もあります
専用の駐車場はないので公共交通機関を使いましょう
注目の花:バラ、ツツジ

戻ります