本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

神苑ぼたん庭園(鶴岡八幡宮)


神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮内のボタン園。冬ボタンが有名ですが、春のボタンも楽しめます

入口

入り口は写真以外にもあと2ヶ所あります

園内の様子

園内は和風庭園調でまとめられていてボタンにはよく合ってると思います
(ボタンは中国原産では?という突っ込みは置いといて…)

ボタンの花

もちろんボタンがメインです
株の大きさは目線のやや下ぐらいで、調度よい大きさに揃えられています

落ち着いた雰囲気

園内は木陰も多く落ち着いた雰囲気。鶴岡八幡宮内なので周りには余計なものもありません

源氏池

ぼたん園は源氏池のほとりにあり、その外周を回るように造られています
所々、池を望む場所がありベンチが置かれています

鶴岡八幡宮も一緒に楽しみましょう

ぼたん庭園まで来たら鶴岡八幡宮も参拝しましょう。境内は緑の多い空間で散歩も楽しいです

源氏池

境内には大きな池が2つ対になっています。こちらの源氏池は春になるとサクラが池にせり出すように咲きます。弁天様を奉っている浮島もアクセントです

平家池と神奈川県立近代美術館(鎌倉館)

平家池には、池に突き出した姿が印象的な美術館があります
どちらの池にも夏になるとハスの花が咲きます

場所 神奈川県鎌倉市雪ノ下
交通 電車:
JR「鎌倉駅」東口より徒歩15分
車:
横浜横須賀道路「朝比奈IC」より30分
駐車台数40台(期待しない方がよいです)
入場料 大人500円 中高生200円
(開花状況により変動あり)
開園時間 9:00〜16:30
休館日 無休
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★ ★★☆ ★★☆
ボタン園内は和風でまとめられて、狭いながらも最盛期には豪華で調和の取れた空間を見ることが出来ます。ただ、ボタンの咲いていない時期は正直おもしろくないので開花時期はチェックしましょう
最盛期は冬ボタンが元旦〜2月中旬、春ボタンが4月中旬〜5月上旬ですが、ボタンの花期はあまり長くないので注意
鶴岡八幡宮境内や参道のサクラ、源平池のハスも見所です
もちろん古都鎌倉の雰囲気を味わうだけでも楽しいです。他の寺社も絡めて散策するといいでしょう
駅からやや歩きますが、歩行者専用の参道(段葛)もあり苦にならないでしょう。駅と鶴岡八幡宮を結ぶ小町通りはみやげ物屋が多く、ウィンドショッピングも楽しいです
○2008年5月上旬の様子
訪れた時期がやや遅く、遅咲き以外はほとんど花が落ちていました。そのせいか入場料も300円に値引きされていました
境内は新芽の緑と快晴の青空が鮮やかで、参拝客も多かったです
注目の花:ボタン(神苑ぼたん庭園)、サクラ(境内・段葛)、ハス(源平池)

戻ります