本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

神代植物公園





東京都調布市にある、都市近郊としてはかなり大きな植物公園です
花や伸び伸びと育った木々を楽しむ植物園としての色合いが濃いところですが、芝生の自由広場や広い歩道があり家族連れやウォーキングする人にも人気です

公園正門

バス停などがある公園正面と、深大寺側から入れる深大寺門の二つの入り口があります

深大寺門

こちらは深大寺側から入れる深大寺門

園内の地図(クリックすると拡大します)

園内は広く、花木やバラ、山野草、一年草、宿根草コーナーが各所にちりばめられています
水生植物園は一度公園の外に出る必要がありますが、上記の深大寺門でスタンプを押してもらえば再入場できるので、深大寺の境内か参道を経由して水生植物園に行くことができます

正門を入ってすぐの広場

園内に入ったらパンフレットをもらって、見ごろの花のところに向かいましょう
特に周回ルートは定められていません。園内を散歩するように見て回るとよいと思います
なので、ここでも各エリアごとに紹介します

ばら園

左右対称の沈床式庭園に約5千株以上のバラが植栽されています
バラが見ごろの頃はイベントなどが行われとても混雑します

大温室

切れ目の入ったドーナツ型の回遊式の温室です。ばら園のアクセントにもなっています

大温室内部

高さはそれほどないものの、充実している温室。特に熱帯スイレンと球根ベコニアは見所です

花木園いろいろ

ぼたんしゃくやく園
はなもも・むくげ園
つつじ園
しゃくなげ園
はなみずき園
うめ園
かえで園

主要な花木は専用のコーナーでまとめて植えられています
サクラ・ウメ・ツツジ・シャクナゲ・サルスベリ他たくさんあります
特にツツジ園はバラと並ぶ神代植物園の大きな見所です

宿根草園と、流れの山野草園

やや規模は小さいながら、宿根草や山野草の植栽も見られます

芝生広場

園内のほぼ中央付近には大きな芝生広場があります
中心に植えられた大きなパンパスグラスがシンボルです

雑木林

園内は木々が多いです。なかでも雑木林のあたりは気持ちいい空間
木漏れ日の中を散歩するのが楽しいです

植物会館

様々な催しものをやっている建物。その他にもカフェや売店、ガーデンショップなどがあります
イベントの際は臨時の出店も多く食べるものには困らないでしょう

水生植物園

水生植物園と名がつけられていますが、どちらかといえば自然風のビオトープといった印象です
樹木に囲まれた谷状の湿地に木道が架けられ散策できます

深大寺

季節によっては花や緑も美しい深大寺境内を散策するのも楽しいです
きれいな湧水を見ながら深大寺そばを味わってみるのもよいと思います

場所 東京都調布市深大寺元町
交通 電車:
京王線調布駅・つつじヶ丘駅や、JR中央線三鷹駅・吉祥寺駅からバスで「神代植物公園前」下車。いずれも20〜25分程度

中央高速調布ICから約5分(駐車場常設228台、臨時時は970台)
入場料 大人:500円
65歳以上:250円
中学生:200円(都内在住・在学の中学生は無料)
小学生以下:無料
水生植物園は無料
開園時間 本園
9:30〜17:00(入場は16:00まで)
イベント時には早朝、夜間設定あり。詳しくHP参照のこと
水生植物園
9:30〜16:30
休館日 毎週月曜日(祝日振替)、年末年始
(水生植物園も同時に閉じるので注意)
HP http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index045.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★★☆ ★★ ★★★★
植物園&公園といった趣で、花木やバラ、草花をたくさん展示しています。美しくレイアウトされたガーデンを期待するところではありませんが、各種花木がまとめられて植栽されているためボリュームがあります
園内はゆっくり見て回ると1時間半程度かかるほど広いので、その季節の見ごろの花をポイントにして見回るのもよいと思います。公式HPで好みの花の開花状況を確認してから訪ねると間違いありません
広い園内は散歩に最適で、芝生広場もあるので子供連れでも楽しめます。またベンチが数多く設置されているのも好感をもちました
水生植物園は園内から一度出て5分ほど歩きます(上述の地図参照)。緑と水の多い散歩に最適な環境で個人的にはお気に入り。途中の区間も深大寺の参道を見て回れるため一石二鳥です
公園とはいえ有料です。駐車場も有料で繁忙期は満車になりやすいですが臨時駐車場も開放されます
都内ですが、駅から歩いてくることは出来ず交通の便はイマイチ。バスの便は豊富にありますが、三鷹・吉祥寺方面からだと道も車内も混雑しやすいです。できれば調布・つつじヶ丘方面から来ることをオススメします 
〇2015年5月上旬の様子
遅咲きのツツジとシャクナゲが見頃。バラはまだ咲き始め。他にはハンカチノキやフジ、深大寺のヒトツバタゴ(ナンジャモンジャノキ)などが咲いています。大温室は改装中のため入れません。GW期間中ということで大変な混雑でした(特に深大寺境内)
〇2014年3月中旬の様子
うめ園のウメが見ごろ。ツバキ祭り期間中でしたが、つばき園のツバキはまだ咲き始めのようでした。サクラは一部の早咲きが咲き出しています
バラの時期のような混雑はなく、暖かな陽気で過ごしやすかったです 
〇2013年5月下旬の様子
バラが見ごろ、他にシャクヤクや雑木林の新緑など
天気もよく、ばら園は大変な混雑でしたが、園内は広く余裕はあります
ただ帰りの正門には入場待ちの長い列ができていました。バラの開花期は8:00入場設定もあるので早出するのもいいと思います
雑木林や水生植物園は新緑の季節とあって、気持ちよい空間が広がっていました 
〇2008年3月見ごろの花
ハナモモ、モクレン、サクラ、クリスマスローズ、カタクリ、ニリンソウ
ヒスイカズラ、球根ベコニアなど 
注目の花:バラ、ツツジ・サクラ・ウメなどの各種花木、山野草、球根ベコニア、熱帯スイレン

戻ります