本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

依水園(いすいえん)






奈良県奈良市にある池泉回遊式の日本庭園。江戸時代作庭の前園と明治時代作庭の後園、雰囲気が異なる庭が合わさった構成になっています

園内の地図(クリックすると拡大します)


前園を眺めながら清秀庵の前を通り、後園を一周して、再び前園に戻ってくる順序になっています。順路に無駄がなく、逆行する人も少ないのでストレスなく園内を巡れます

正門


正門から入って、しばらく砂利道の幅広い道を歩きます。初夏にはツツジが綺麗です。右手には食事のほかに抹茶も頼める食事処の三秀への入口もあります

寧楽(ねいらく)美術館と、事務所前の門


左手に大屋根の建物が見えてきますが、こちらが寧楽美術館。東洋の古美術品が展示されています。美術館の入館料は日本庭園の入園料に含まれているので、帰りに寄るとよいでしょう。受付で入園料を払って右手にある事務所前の門から庭園に入ります

前園の眺め


門から庭園に入るとすぐ三秀亭と池を一望できます。池側に降りたくなりますが、三秀亭には帰りにも寄るので、ここは順路通り奥へと向かいます

清秀庵


事務所にくっつくかのように建っている茶席。周囲の造作や花木が綺麗です

氷心亭(ひょうしんてい)


狭い園路を通っていくと、左手に明治時代に造られた書院造の茶室が建てられています。古いタイプの薄いガラス窓や渡り廊下、藤棚などが見所です

後園全景


視線が遮られた狭い路地から、いきなり開放感のある景色が広がります。ここが後園です。人工の盛り土を山に見立てた築山(つきやま)式の池泉回遊式庭園で、若草山や東大寺南門など周辺の景色を借景にしたスケール感のある風景になっています。依水園を代表する景観といえるでしょう

柳生堂と、ツツジ


柳生一族の菩提寺である柳生堂。周辺には初夏にツツジが見事に咲きます

後園の池


池には中島や小さな橋、沢渡り、流れ込む水の流れなどがあり変化に富んでいます。氷心亭前の広場からの眺めを意識しつつも、場面場面でも見ごたえのある景色が見られます

水車小屋付近


水車小屋には小さな滝あり、周辺の樹木と共に雰囲気のよい空間になっています

後園の奥側


築山の裏側も池や水の流れの周囲に花木やモミジなどが植えられ、散策が楽しい空間になっています。一部、広々とした場所もあるので一息つくのもよいでしょう

寄付(よりつき)付近


かつてあった茶室の露地の一部である寄付。周辺は苔が綺麗です

挺秀軒(ていしゅうけん)


江戸時代に建てられた小さな茶室。内装は江戸時代のままということです

前園


池に中島を配し、池の周囲には灯籠が各所に置かれています。後園の比較的自由で自然な雰囲気に比べると、前園は格式のある落ち着いた印象です
ここから受付のある事務所に戻れます。余裕があれば帰りに寧楽美術館や食事処の三秀、隣にある庭園の吉城園に寄って行くとよいでしょう

場所 奈良県奈良市水門町
交通 電車:
近鉄奈良線「近鉄奈良」駅下車より徒歩約15分
JR奈良駅や近鉄奈良駅からバスの便もあります
車:
公共交通機関利用推奨
※専用の駐車場なし。周辺の県営駐車場を利用
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://isuien.or.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★ ★★★ ★★★★
前園と後園の異なる個性を持つ日本庭園。ただ、依水園と名づけられたのが後園が造られたときというように、メインはやはり自然主義的な庭園である後園。築山と水の流れ、借景を合わせた景色は美しく、奈良を代表する日本庭園といえます。
ツツジが咲き新緑が眩しい春から初夏、紅葉の晩秋が特に美しいですが、初夏から梅雨の苔も見所があります。
管理状態は良好です。
園内はやや広いです。周辺環境ゆえに観光客も多いですが、それほど混雑感はありません。秋の紅葉の時期はやや混雑します。
ゆっくり回って45分〜1時間程度。隣にある吉城園とセットで滞在時間を考えておきましょう。
交通の便は、駅からは少し歩くものの、途中の歩道は広く歩きやすいので悪くありません。バスの便もあります
専用の駐車場がなく、公式でアクセスがアナウンスされていないので推奨はしませんが、周辺の県営駐車場に止めれば車で行くことも可能です。観光シーズンは周辺道路が渋滞しやすいので注意。
注目の花:苔、新緑、ツツジ 紅葉

戻ります