本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

国営ひたち海浜公園



茨城県ひたちなか市にある国営公園。遊園地やサイクリング専用通路もあるとにかく広大な公園です。あくまで公共公園ですので植物園や有料ガーデンとは違い、植物メインのガーデンではありません。ただ、各種花の見ごろの時期にはスケール感のある風景を楽しむことができます

翼のゲート

いくつかある入り口の一つ。国営公園らしいダイナミックな造形です

園内の地図(クリックすると拡大します)

とにかく広大な園内。ですが、植物関係でいえば見所は限られています
季節とポイントを絞って、公式HP等で開花情報を確かめてから訪れるとよいでしょう
家族連れの多くはプレジャーガーデンに流れてくれます

スイセンガーデン

春にまず見ごろを迎えるのはスイセンガーデン
早咲きのスイセンの丘の見ごろは3月はじめあたりから、スイセンガーデンは4月はじめあたりからですが、見ごろは毎年変化するので確認のこと

みはらしの丘のネモフィラ

4月下旬から5月中旬はみはらしの丘がネモフィラの花畑になります。まさに絶景
丘まで登れば、太平洋の景色も見ることができます。秋にはコキアの紅葉で赤く染まります

たまごの森フラワーガーデン

卵のかたちをした遊具が点在する、たまごの森フラワーガーデンです
松林の下で春にチューリップが見ごろになり、中で遊ぶ子供たちの歓声が聞こえます

記念の森散策路

ウッドデッキの歩道のある雑木林。ツツジなどの花木の下にはシラーなどの球根植物が咲いています

ローズガーデン

意外に広いローズガーデン。4000株のバラがあるそうです

大草原フラワーガーデン

観覧車やジェットコースター、各種アトラクションやショップがあります
休日や花の最盛期には子供連れで混雑します

大草原

名前に恥じない本当に広い草原。寝ころがって寛ぐ姿や、遊びまわる子供たちで賑わいます
この公園はマナーさえ守ればペットや食事の持ち込みもOKです

ロックガーデンとサンドガーデン

西口エリアや中央付近に比べると、人がグッと少なくなる砂丘エリア
しかも、このエリアにある砂丘ガーデンは花の姿も少なく、寂しい印象です

太平洋が見渡せます

砂丘エリアは一番海に近く、休憩舎のグラスハウスやテラスからは海が見渡せます

ひたちなか自然の森

花は少ないですが松林の中を散策できます
場所がわかりづらく、サイクリングロードを横切らないと行けない不遇なエリアです

シーサイドトレイン

園内はとにかく広く、まともに歩くと大変です。足に自信がなければ、別料金になりますがシーサイドトレインを使うか、自転車でサイクリングコースを回るのもありだと思います

場所 茨城県ひたちなか市
交通 バス:
JR常磐線勝田駅よりバスで約20分
車:
北関東自動車道ひたち海浜公園ICより約3分
入場料 大人(15歳以上)410円 小人80円
シルバー(65歳以上)210円
開園時間 3〜7月中旬 9月〜10月  9:30〜17:00
7月中旬〜8月  9:30〜18:00
11〜2月 9:30〜16:30
休館日 閑散期の毎週月曜日(祝日振替) 年末年始
HP http://hitachikaihin.go.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★★ ★★★ ★☆ ★★★
とにかく広い園内、花の種類や美しさより花畑のスケール感を楽しみましょう。チューリップやスイセンの品種は充実しています
遊園地や大きな広場もあるので子供連れで訪れると一日遊べます。一方で、落ち着いて植物を観賞する場所ではありません
駅からバスで来ることになるので、交通の便はやや低い評価
車で訪れるとICからすぐなので楽です。ただ、繁盛期には駐車場や付近の道路がとても混みますので、早めの到着を
○2013年3月の様子
早咲きのスイセンの丘が見ごろ。他にはナノハナやウメが咲いています
暑くも寒くもなく、混雑もしてないので、サイクリングで走ると気持ちいいです
注目の花:スイセン、チューリップ、ネモフィラ、バラ、コキア

戻ります