本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花之江の郷





栃木県にある花之江の郷は山野草や水生植物が多く、一風変わった面白いガーデン。自然な雰囲気が魅力で、和風のナチュラルガーデンと考えればよいと思います
※湿地ゾーンが閉鎖になったそうです。詳しくは公式HPを参照のこと。非常に残念です

入り口


駐車場の奥に入り口があります。質素な印象で好感がもてます。順路が設定されているので、それ通りに歩くと無駄がありません。季節によっては山エリアやみはらし台付近は省いてもいいでしょう

山エリア


山林を模したようなガーデンぽくないエリア。林の中にアジサイや各種山野草が咲いています。見ごろは早春〜初夏で、それ以外の季節は花の少ない時期もあります。写真右はクマガイソウ

郷エリア


里山を切り取ったような郷エリア。山エリアと同じく山野草が多いです。初夏に咲くヤマユリや、秋に咲くイヌショウマの群落が見どころの一つ

メダカ池


スイレンやアサザが咲く池。園内は水辺が多く楽しいです

林エリア


少し開けた林エリア。花の数も多くなってきます。ここでも比較的和風の花が多い印象です。ウメやアジサイなどの花木や、下草の山野草が見どころ

湿地エリア その1


湿地エリアに来るといきなり大きく空間が開けます。ハナショウブやハスなどが咲く湿地エリアは小川が流れ、良い雰囲気です

湿地エリア その2


ミソハギやオミナエシ、ニッコウキスゲなどの花畑。草原のような開放感があります

湿地エリア その3


秋はヒガンバナやススキなどが咲きます。田んぼのあぜ道の斜面に咲いてるような植栽が自然な雰囲気です

鏡池


アサザやハスなどが咲く自然風の池。湿地エリアの花畑のよいアクセントになっています

あやめ茶屋


日陰が少ない湿地エリアなので、茶屋や木陰になったベンチが設置されています。夏の晴れた日は帽子や日傘が欲しいところです

ハス池・スイレン池と洗心亭


周りを樹木に囲まれた2つの池。それぞれにハスとスイレンが植えられています。そばには洗心亭という小屋が建っており中で休憩できます

帰路の林エリア


黄色の花はヘメロカリス。他にも山野草を中心に花が咲いています

明るい林の花


帰路の郷エリアの一角。明るい林の中でやや半日陰を好む花が咲いています。花の特性に合わせた配置は良いと思います。赤紫の花はサクラソウ

自然荘・もめん弥


園路の最後にたどりついた自然荘という建物があります。食事や飲み物等が頼めるレストランと、もめん弥という和菓子屋さんが入っています。お土産を買ったり、暑い日にはここで休憩していくのもいいでしょう

場所 栃木県下都賀郡都賀町大柿
交通 東北道「栃木IC」より約10分
東部日光線「金崎」よりタクシー約15分
入場料 大人800円(4月〜9月)、500円(10月〜3月)
※開花状況によって異なる場合あり
子供300円
休館日 2月〜9月は無休
10月1日〜1月は第2・4金曜日
開園時間 9:00〜17:30(3月〜10月)
9:30〜16:00(11月〜2月)
URL http://www.momenya.co.jp/hananoe/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★★ ★☆ ★★★★
※湿地ゾーンが閉鎖になったそうですが、詳細は不明なため暫定的な評価とさせてください
整然とした日本庭園じゃない自然風の和なガーデン。貴重な存在です。一方で、ミソハギやオミナエシ、ハナショウブ、ヒガンバナ等のダイナミックな群生も楽しめます。野の花が主役ですが園芸でおなじみのものが多いので、普通の花好きさんも十分楽しめます。もちろん山野草が好きな人にもオススメ
交通の便は車前提の場所にあるため非常に悪いですが、その分混雑することは少なく静かに観賞が可能です
注目の花:アヤメ、ハナショウブ、ミソハギ、オミナエシ、ヒガンバナ、水生植物、各種山野草や宿根草

戻ります