本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花見山公園







福島県福島市にある花木園。地域の花木生産農家が植栽した花木畑の美しさが、周囲の景観とともに評判になり、一般公開するようになりました。写真を見れば一目瞭然「福島に桃源郷あり」と称される美しい景色が観賞できます

物産ひろばと、菜の花畑前から見る花見山


通常はシャトルバス発着所すぐの物産ひろばから歩いて花見山入口へ向かいます。目の前には菜の花畑を挟んで花見山の景色が広がり期待が高まります。また、タクシーを利用すれば後述の花見山入口付近まで直接行けます

ウォーキングトレイル


歩行者用の通路があり、のんびり入口まで歩けます。途中でハクモクレンやサクラ、菜の花が美しい場所があるので寄り道しましょう。ここは両方タクシーを使って行程を省略すると見逃しやすいです

花見山公園前観光案内所と、花見山入口


観光案内所で公園のマップをもらったら花見山入口へ。順路があるのでそれに従って歩きましょう

花見山の登り道


道は整備されており散策に不安はありません。傾斜がきつい箇所はジグザグにきってあり、一部を除けばほぼ歩きやすい道です。ただ、車椅子の利用は無理があります

花見山登りの途中の景色


斜面に植えられた花が美しいです。途中、花見山を代表する美しい撮影スポットがあるので、寄り道するとよいでしょう。花の最盛期は、その寄り道の分岐に係員の方がいて案内してくれます

花見山山頂付近


山頂は吾妻連峰や福島市街を一望できる展望台になっており、サクラも適度に植えられています。東屋がありますが、人が多くなりやすくゆっくり休憩するには向いていません

桜のトンネル


山頂の裏側から下っていくと、桜のトンネルがあります。黄色いサンシュユの花も綺麗です

花見山下りの途中の景色


下りは直線的になっているため、やや傾斜が急です。滑らないように少し慎重に歩きましょう。途中の不倒堂や庭園を観賞できます

花の谷コース


花見山とは少し外れた傾斜のある車道ですが、花見山や、花見山を前景にした吾妻山を展望できる場所があり、天気が良い日ならぜひ立ち寄りたいコースです

各所にある売店


物産ひろばを中心に各所に売店や出店があります。食事やお土産には困らないでしょう

康善寺エリア

ここからは花見山公園の康善寺エリアを紹介します。花見山を遠望でき、周辺の花々も花見山に負けず劣らず綺麗です。また、花見山への本道に比べて団体客が少なくゆっくり散策できるのも嬉しいです。ただ、その分体力や道順の確認が必要なコースになっています

康善寺エリア入口


入口が分かりづらいですが、物産ひろば近くの車道に小さな標識があります。見逃さないようにしましょう。また、花見山に向かう車道の横道にも入口があります

ハイキング道


緩やかな傾斜のハイキング道を歩いていきます。周囲の花木はもちろん、展望に優れるとても心地よい道になっています。天気の良い日は足の進みが遅くなってしまうでしょう

吾妻山の展望と、康善寺薬師堂


しばらくは吾妻山が一望できる展望の道が続きます。康善寺薬師堂をお参りし、少し歩くと休み所があります。トイレもあるので一休みできます。

福幸の鐘桃源郷展望台付近


急な斜面を登ると小さな鐘のある展望台にたどり着きます。周辺は美しい景色が広がります。
展望台からさらに奥に行くとハイキング道から山道になるので、一般の方はここで引き返した方が無難でしょう

さらに奥のハナモモ畑と、カタクリ群生地付近


展望台から先の山道を歩いていくと鉄塔があります。この周辺はハナモモが綺麗です。また、少し外れた山道にはカタクリの群生地があります。ただ、サクラの最盛期にはカタクリの花は見頃すぎになっていることが多いです。
ここからさらに先、古峰神社を経由しウォーキングトレイルを通って花の谷コースに抜けることもできますが一般的ではありません。往路を戻りましょう

場所 福島県福島市渡利
交通 電車:
JR東北本線・新幹線「福島」駅からシャトルバス(花見山号)で約15分(桜の開花シーズン限定につき要確認)
車:
東北自動車道「福島西」ICより約30分
東北自動車道「福島飯坂」ICより約30分
※花見山公園周辺に一般の駐車場はありませんが、4キロほど離れたあぶくま親水公園に臨時駐車場あり(無料)。ただし、シャトルバスの料金がかかります
詳しくは公式HPを参照のこと
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.f-kankou.jp/hanamiyama/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★★ ★★★ ★★ ★★★★★
花好きさんなら一生に一度は行きたい花園。
この園が桃源郷とうたわれる美しい景観になったのは、一つ目に色とりどりの様々な種類の花木が見られること。二つ目にはもともとの山あり谷あり川あり吾妻山ありの里山の景観が美しかったおかげもあります。三つ目は生産農家と地域の方々の努力。これは言うまでもないことでしょう。
個人的には特に一つ目の、単一の植栽ではなくバランスよく様々な花が見られることを大きく評価したいです。もし、花木がソメイヨシノだらけだったらここまで感銘を受ける景色にはならなかったはずです。
展望に優れることが大きな魅力なので、できれば澄んだ晴天のときを選んで出かけたいです。山の天気は変わりやすいので、天気に恵まれた場合は先に花の谷コースを観賞するのがよいでしょう。
管理状態は良好。ボランティアの方も多く、地域全体で盛り上げている様子が好ましいです。こちらもマナーをしっかり守りたいところ。
園内は広いですが団体客が多く混雑感は強いです。特に花見山山中はあまりゆっくりできません。滞在時間は花見山を往復するだけなら1時間半程度ですが、売店などにも寄りつつ時間をかけてゆっくり巡りたいです。半日くらい楽しむつもりでよいでしょう。天気が良い日なら康善寺エリアも行程に含めて、一日いても飽きないかもしれません。
交通の便は福島駅からシャトルバスが利用できますが、最盛期は行列ができるほど混雑します。多少お金がかかりますが定額タクシーを使うのも一考。タクシーだと花見山のふもとまで行けるのも利点です。
車の場合は高速のインターチェンジから少し離れており、臨時駐車場からシャトルバスに乗る必要があるためやや悪いです。ただ、園ができた経緯を考えれば十分な配慮がされていると思います。それよりも駅を往復するシャトルバスの本数が少ない方が残念です。
注目の花:各種サクラ、ハナモモ、ナノハナ、ボケ、レンギョウ、モクレン

戻ります