本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花フェスタ記念公園



岐阜県可児市にある大きなバラ園。世界最大級と名乗るだけあってバラのボリュームは素晴らしいです。大きな見所はバラのテーマガーデンと世界のバラ園で、この2つを中心に紹介します

園内地図(クリックすると拡大します)

入口は東と西に分かれておりどちらでも大丈夫。今回は西ゲートから見ていきます
東から入った場合は東ゲートの写真から逆送りで見てください

西ゲート付近

実質的な正面入口といえる西ゲート。公共交通機関利用の場合もこちらが入口です
こちらから入ると2つのバラゾーンに近いので、車椅子の方などは便利かもしれません

バラのテーマガーデン

西ゲートの正面にはバラのテーマガーデンがあります。さまざまなモチーフを元に10種類以上のガーデンに分かれていますが、そのいくつかを紹介します。テーマガーデンは番号が振られていますが、その順番通りに見なくても問題ありません

香りの庭・青いバラの庭

特徴的な香りをもつバラや、いまだ実現していない青バラの進化をめぐるガーデン

フォーマルガーデン

円形の整形された庭園。このようなタイプのガーデンの中では国内でも最大級の規模ではないでしょうか

ホワイトローズガーデン・フレンドシップガーデン

白いバラと白い草花をアレンジしたホワイトガーデンと、英国王立バラ協会との友好記念として作られたフレンドシップガーデン

ロイヤルローズガーデン・テラスガーデン

日本や世界の皇室ゆかりのバラを集めたロイヤルローズガーデンと、段状に植栽されたバラと刈り込みされた樹木が組み合わさったテラスガーデン

水とバラの庭

日本の原風景を模したという、バラと日本の草花や樹木類を合わせたエリア。バラ以外の花も多く、バラの開花期以外も楽しめます。奥には茶室もあります

花のミュージアム

バラに関する各種展示や、ギャラリーなどが入る花のミュージアム。屋上緑化された三角形の建物がおもしろいです


バラロード・音楽広場

バラのテーマガーデンを出て、バラの歴史をたどるバラロードを世界のバラ園方面に歩きます。隣に見えるのは芝生が広がる音楽広場。三角屋根の建物は各種イベントが開かれるプリンセスホール雅です

世界のバラ園

バラのテーマガーデンに並ぶ園内のもうひとつの見所の世界のバラ園。世界各国のバラを一同に集めています。日本、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、原種、オールドローズなどたくさんの種類や改良品種が植えられています

世界のバラ園入口付近

アーチがかかった入口付近。世界のバラ園は道から下がった位置にあるので、まずは上からバラ園全体の景色を眺めるとよいでしょう

各国のバラ

世界のバラとはいっても、そこは同じバラ。各国で個性があるというよりも、様々なバラの改良品種が一堂に楽しめるといった印象です

ポリアンサの迷路

ポリアンサローズは花つきがよく、とても目立ちます

ターシャの庭

著名なガーデナーのターシャ・テューダーさんリスペクトで作られたガーデン
世界のバラ園内にありますがバラは少なく、多種多様な植物が植えられています

原種の谷

地味な原種のエリアなども花好きさんにとっては興味深いと思います
1期咲きが多いので花の見頃は初夏ですが、秋には実が楽しめます


霧のプレリュード

噴水のある霧のプレリュード付近は広々としていてお昼を食べたり、くつろいだりするのにちょうどよい所です

西展望台

効率よく園内を周りたいなら、ここで音楽広場をバラのテーマガーデン方面に戻ってバラのベルベテーレに向かいます。途中の寄り道できる西展望台からはバラ園を見下ろせます

バラのベルベテーレ・トンネルギャラリー

バラのテーマガーデンと花の地球館を結ぶ展望デッキと回廊。伸びやかな空間作りに役に立っています。デッキに上って、そのまま道なりにトンネルギャラリーに入り温室に向かいます

花の地球館(大温室)

トンネルを出ると温室内にスムーズにつながります。フラワーショーやトロピカルな植物が植栽されている温室で、一般的な植物園の温室とは異なり見せる展示重視です

花のタワー

温室のそばに建つ、ひときわ目立つ45mのタワーからは園内を見渡せます。混雑時はエレベーターの順番待ちができるそうです。ただ、肝心のバラ園がよく見えないのは残念

花トピア

展示や講座などが開かれる温室です

グラデーション花壇と語らい広場

芝生の広場や子供の遊び場がある、公園のような印象のエリア
緑が多く、樹木も立派で散歩にも向いています

東ゲート

東ゲートの入口。裏門的な印象はありますが、西ゲートの駐車場が混雑しそうな場合はこちらを利用するのも手です

場所 岐阜県可児市瀬田
交通 電車:
JR「可児」駅および、名鉄「新可児駅」よりバス約10分
車:
東海環状自動車道「可児御嵩IC」より約5分
無料駐車場あり。合計1700台
(西1000台、東700台)
入場料 通常時
大人(大学生以上)520円 高校生以下無料
春・秋バラまつりの期間
大人(大学生以上)1000円 高校生以下無料
休館日 火曜日(祝日振替)・年末年始
バラまつり期間中は無休
開園時間 9:00〜17:00(入場16:30)
※季節によって別設定あり
URL http://www.hanafes.jp/hanafes/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★☆ ★☆ ★★★★
とにかく広いバラ園。たくさんの品種のバラを見ることができます。バラ好きな方は十分満足できるボリュームだと思います。ただ、園内の広さにしてはバラとその他の樹木や草花とのコラボレーションが少なく、整形の庭園のデザインも好みが分かれそうです。全体的には緑が多く管理も行き届いていて気持ちがいい空間になっています
飲食店や出店も多く、そういったもの目当てで行くのも悪くないかも。子供からお年寄りまで楽しめる施設です
全体をすべて見ようと思うと半日はかかります。ただ、バラ園はまとまって配置されているので、時間がない方はバラだけゆっくり見ることもできます。その場合は西ゲートが便利
園内が広いといっても春バラの最盛期はかなり混雑します。広い駐車場も一杯になるほどなので、ゆったりと見たい方は休日の来園は控えましょう。秋バラの期間は比較的空いています
駅からは遠く車で来るのが基本の立地ですがバスの便もあります。ただ、あまり本数は多くありません。車社会の名古屋周辺とはいえ、これほどの施設なので春バラの時期はもう少し便を増やしてほしいところです。また、公式発表ではありませんが健脚ならば、徒歩25分で名鉄線「明智駅」を利用することも可能です
 ○2016年11月上旬の様子
バラは見頃すぎ。今年の秋バラは天候不順の影響を受けてか10月下旬には見頃が過ぎていたようです。紅葉は早くも一部の樹木が見頃はじめになっていました
見頃のバラは少ないですが、その分も人も少なめで春バラの時期とは違いゆっくり見ることができました
○2010年6月上旬の様子
バラは美しく咲いています。あと一週間前だったらもっと綺麗だったかもしれませんが十分楽しめました
ターシャの庭の草花類がちょっと茂りすぎなのが気になりました
あまりに天気がよすぎて逆に一つ一つの花を楽しむのには難しい日差しでしたが、開放感があってよかったです
平日でもこの混み様なので、休日の混雑はかなりのものではないでしょうか(写真では人が少ないですが朝早めに撮っています)
注目の花:バラ各種

戻ります